計画されたハードフォーク及び新たに生成される仮想通貨への当社対応指針

当社は、ブロックチェーンが分岐する恐れのある計画されたハードフォーク及びハードフォークによって新たに生成される仮想通貨(以下、新仮想通貨)への対応方針は、以下の通りとします。

1.ハードフォークへの対応について

(ア)当社はハードフォークの計画に関する情報収集に努めます。

(イ)当社はハードフォークの発生時期、内容、ハードフォークを計画する主体の素性、ハードフォークの目的及びその予想される効果、お客様に生じるリスクなど、お客様が仮想通貨の利用を判断するために必要な情報を適宜お客様に提供するよう努めます。

(ウ)当社はハードフォークによりお客様資産の保全及びお客様との取引を行うことに何らかの支障をきたすおそれがある場合には、ハードフォークの発生に備えてあらかじめ業務を一時停止するなど、お客様資産の保全及びお客様との取引を行うことに必要な措置を講じます。

 (エ)前項(ウ)の措置を行う際には事前に告知します。ただし、緊急に停止せざるを得ない場合を除きます。緊急の場合は、当該緊急対応後に、その内容について速やかに告知します。

(オ)当社は業務の一時停止の開始及び停止した業務の再開について、当社所定のサイト、メール、公式SNSを通じてお知らせします。

(カ)当社は、ハードフォークの発生により本項(ウ)の措置を講じている期間中に生じた当該仮想通貨の価格変動によるお客様の損失については一切の責任を負いません。

2.新仮想通貨のお客様への付与について

  当社の、お客様に新仮想通貨を付与するかどうかの判定基準は、以下の事項です。以下の安全性と安定性の各事項を満たしていない場合又は当社の裁量により付与・取扱が困難であると判断した場合、新仮想通貨の付与は行いません。

【付与判定基準】


A.安全性について:

  • 新仮想通貨の仕組み上、リプレイアタックを防ぐプロテクションを確実に実装していること
  • 新仮想通貨のソースはオープンソースであり、オフィシャルサイトでウォレットソフトをダウンロードできること
  • 新仮想通貨のソースを確認して利用者の資産に対して不正使用の仕組みが講じられていないこと

B.安定性について

  • 新仮想通貨、及び該当ブロックチェーン上のブロックが一定時間以上安定的に作られたことを確認できること

  上記判定基準により、付与されることが決定された場合、お客様への付与についての手続きは、以下の通りとなります。

(ア)当社は、当該仮想通貨の価値が新仮想通貨に一部移転したと認められる場合には、原則として、新仮想通貨をお客様に付与するものとします。(新通貨に旧通貨の価値が全て移転した場合は、旧通貨が新通貨へ引き継がれたものとして、新たな通貨の付与はありません。)ハードフォークにより複数の新仮想通貨が発生した場合には、発生したそれぞれの新仮想通貨について、付与の要否を判断するものとします。なお、当社はお客様に新仮想通貨を付与した場合であっても、当該新仮想通貨を当社の取扱う仮想通貨としない場合があります。

(イ)当社は、前項の場合において、新仮想通貨の付与に代え、新仮想通貨相当額の法定通貨でお客様に交付する場合があります。

(ウ)当社は、お客様に付与するためにあらかじめ新仮想通貨を取得する場合又は前項の措置を講ずる場合を除き、お客様の保有する当該仮想通貨から生じる新仮想通貨を当社がお客様に代わって自らが所有するものとして取得又は処分を行いません。

(エ)当社は、現に当社の取り扱う当該仮想通貨についてハードフォークにより新仮想通貨が発生し、お客様の保有する当該仮想通貨の価値に影響を与える具体的な可能性を認識した場合には、あらかじめ、当該ハードフォーク計画の概要およびハードフォークにより生じる新仮想通貨の内容、新仮想通貨の付与対応について、お客様に対する通知を行うなど、周知に努めます。

(オ)当社は、新仮想通貨のお客様への付与その他のお客様保護のために必要な措置に伴い現に生じた業務コストを手数料としてお客様に請求させていただく場合があります。

3.BTC融資に関する特記事項について

(ア)BTCハードフォーク時にBTC融資取引でBTCを借りている場合、ハードフォーク後の新仮想通貨は、当社が貸しているBTCから分岐をしているため当社の財産になります。

(イ)BTCハードフォーク時にBTC融資取引でBTCを借りている場合、以下のリスクが発生します。このリスクによって損失が発生しても、当社は一切の責任を負いません。
・ハードフォークに伴う取引等の業務停止日以降、ハードフォーク後のBTCを返済するまでの間、金銭及び仮想通貨の出金ができなくなります。
・未返済の分岐後のBTC評価額がマイナス評価されることにより、貸出資産に占めるBTC融資の総資産の割合が110%以下に低下し、ロスカットが行われる可能性があります。さらにお客様が当社に預託した資産を超える損失が生じる可能性があります。
・BTC融資に関する弁済については原則として期限を定めていませんが、必要に応じて当社が支払い期限を設定する場合があります。当社が設定した期限までに返済がない場合、当社の任意の方法でお客様の他の資産から強制的に返済に充当します。ただし、その場合、あらかじめ利用規約その他お客様との契約書面等に明示し、お客様に周知します。

4.新仮想通貨に関わる仮想通貨関連取引の取り扱いについて

(ア)当社が新仮想通貨を仮想通貨関連取引(新仮想通貨に関わるウォレットサービスを含む)に関わる取扱い仮想通貨とする場合には、新たなに取扱う仮想通貨と同じように社内審査その他の手続きを行い、取り扱いの可否を決定します。

(イ)当社は、当該仮想通貨を保有していたお客様に対する新仮想通貨の付与又はその他の適切な措置を講じた後でなければ、新仮想通貨に関わる仮想通貨の売買等のサービスを開始しません。

2019年7月22日

BTCボックス株式会社

BTCボックス株式会社
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00008号
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)会員番号1008
BTCBOX Blog