記事一覧

記事一覧

なぜ経済学者たちはBitcoin嫌いなのか:トロント大学 経済学者 ジョシュア・ガンズ氏

世の中の経済学者たちはBitcoinに対してどのような見方を持っているのでしょうか。経済学者たちに対するアンケート調査によると否定的な見方がやや多いようです。本記事では著名な経済学者たちのBitcoinに対する見解を紹介するとともに、なぜ多くの経済学者たちがBitcoinを嫌っているのか、その理由について考察しています。ぜひご覧ください。 本記事は、 トロント大学ロットマンスクールオブマ...
記事一覧

【#あの頃DOGE】ドージコインに関する思い出を紹介

BTCBOXではDOGE(ドージコイン)の取扱開始に伴い、「#あの頃DOGEツイートキャンペーン」と題してDOGE(ドージコイン)に対する様々な思い出を皆様から募集しておりました。 皆様から非常に興味深い思い出ツイートをいただきましたので、一部をご紹介いたします。 草コインが全盛期のあの頃、DOGEを中心にCoinExchange、Cryptopiaなどで取引して...
記事一覧

ポルカドット(DOT)を簡単に購入する方法を解説!

ポルカドットとは? DOT(ポルカドット)とは、異なるブロックチェーンが相互運用できる分散型のWeb世界の実現を目指したブロックチェーンです。コンセンサスアルゴリズムにはProof-of-Stake(PoS)を改良したNPoS(Nominated Proof-of-Stake)を採用し、イーサリアムの共同創設者兼元CTOであるGavin Wood氏を中心としたWeb3 Founda...
記事一覧

点と点を結ぶわかりやすいPolkadotの解説:メーレン・ドリュー氏

今回の記事ではPolkadotに関して、まるで辺りに散らばっている点と点を結んでいくような説明を提供して理解のきっかけとなる解説をしていきます。Polkadotの創設者に関する情報や主な特徴といった基礎情報の他にも、Ethereumとの比較だったり、DOTトークンの機能だったりと、幅広いテーマに触れています。ぜひご覧ください。 本記事はBountyBaseのメーレン・ドリュー氏(Mail...
記事一覧

異なるブロックチェーン間で情報をやり取りできる「Polkadot」とはどのような暗号資産か

暗号通貨市場は非常に活発な場所で、常に新しいアルトコインが追加されています。今回の記事では過去に暗号通貨市場に影響を及ぼしたメジャーなニュースなどにも触れつつ、アルトコインの中で一躍トレンドとなった「Polkadot」について紹介しています。Polkadotは単一のブロックチェーンではなく「マルチチェーン」上で機能するというところが大きな特徴です。ぜひご覧下さい。本記事は、アシシ・ニシャド 氏...
記事一覧

次世代ブロックチェーンプロトコル「Polkadot」とは

次世代ブロックチェーンプロトコルとして名高い「Polkadot」は、スケーラビリティー、ブロックチェーン間の相互運用性、それからアップグレードの柔軟性といった数々の利点を持っています。今回の記事ではPolkadotの代表的な特徴とPolkadotの開発に携わっているWeb3 Foudationの支援について取り上げています。ぜひご覧ください。本記事は、Web3 Foudationの「What ...
記事一覧

暗号資産取引所を襲ったクリプト犯罪の歴史:Coincub記事

今回は暗号通貨の取引所をおそった数々のハッキング事件についてご紹介します。あの有名なマウントゴックス事件やクアドリガCX事件から、ロシアの取引所や中国の取引所で起こったハッキング事件についても取り上げています。ハッキングはなぜ起こってしまうのでしょうか。また、ハッキングからできるだけ自分の資産を守るためにはどのようなことを心掛けたらいいのでしょうか。ぜひご覧ください。 本記事は、 Coi...
記事一覧

キリスト教信者の暗号通貨取引の是非をめぐる論争:VANESSA DIRWAI氏

キリスト教徒的には暗号通貨への投資は推奨されるのでしょうか。また、聖書の中にはトレーディングに関する記載はあるのでしょうか。今回は宗教的な観点から暗号通貨に切り込んでいきます。聖書を引用しつつ、キリスト教徒の立場から暗号通貨取引の是非について問う内容となっていますので、ぜひご覧ください。
記事一覧

年間インフレ率からみるインフレが最も深刻な国トップ21:Alexandre Lores氏

最近はアメリカをはじめとする先進国の驚異的なインフレ率が騒がれていますが、実は世界の他の国々を見渡してみると、アメリカの8.5%というのはまだまだ序の口です。今回の記事では、インフレ率ワースト21カ国をインフレ率が高い順にご紹介しています。インフレ率が最も高い国は果たしてどこなのでしょうか。また、インフレ率が高い国々にはどのような背景があるのでしょうか。ぜひご覧ください。
記事一覧

Web3の完全普及が難しい3つの理由:Alex Honcharenko氏

現代の技術革新のペースはすさまじく、あらゆる技術が次世代型のものへと常に進化し続けています。インターネット社会も例外ではなく、現在のWeb2からよりいっそう非中央集権化の進んだ「Web3」への移行が一部の人々の間では期待されています。本記事の著者は自身の視点から、Web3への全面的な移行が難しい理由を3点挙げ、それぞれについて細かく考察しています。Web3にはどのような難点があるのでしょうか。ぜひご覧ください。
記事一覧

ドージコイン(DOGE)を簡単に購入する方法を解説!

ドージコインとは? ドージコインはインターネット・ミームである「ドージ(Doge)」の柴犬をモチーフとした暗号資産です。Litecoinのソースコードをベースにしており、Litecoinと同様の「scrypt」を利用しています。ブロック生成時間はPoWを用いているビットコインの10分やライトコインの2.5分に対して約1分として設計されています。 DOGEのブログ記事一覧 ...
記事一覧

Dogecoin価格分析〜プログラミング言語「Python」を使用してDogecoinを紐解く〜

Dogecoinの価格データを収集してプログラミング言語「Python」を用いて統計情報を作ると、どのようなことが見えてくるでしょうか。本記事ではDogecoinの約半年分の価格データを集め、様々な統計を利用して多角的に分析しています。Dogecoinは買い時なのか売り時なのか、上昇トレンドにあるのか、平均リターンの期待値はどれくらいか、1日の最大利益や最大損失はどの程度なのか、出来高に対する...
記事一覧

Dogecoinに関する分析批評〜すべての暗号通貨を同列に語るべきではない理由〜

暗号通貨愛好家のインフルエンサーたちの中には、BitcoinもDogecoinも一緒くたにして語る人もいます。しかし、Bitcoinがより確立した立場をもつ暗号通貨である一方、Dogecoinはもともと冗談から誕生したミームコインです。Dogecoinのそんな性質を利用してBitcoinの信用を弱めようとする懐疑派もいます。暗号通貨は非中央集権的だからこそ、その普及・宣伝を担う1人1人がよく勉強し、注意深くなる必要があります。今回の記事はDogecoinに関する分析を通じて、暗号通貨界隈全体のあり方についても考察しています。ぜひご覧下さい。
記事一覧

「ドージコインに対する期待と懸念」本質的な価値について考える:Toby Hazlewood氏

数ある暗号通貨の中でも有名人のツイートなどインフルエンサーによる影響をひときわ受けやすいと考えられているDogecoinですが、Dogecoinの価格は本当にインフルエンサーたちに操作されているのでしょうか。Dogecoin自体に価値があるとすればそれはどのような価値なのでしょうか。今回の記事では、筆者がなぜ一時は敬遠していたDogecoinを購入したのか、またDogecoinのどのような点を懸念しているのか等について説明しています。ぜひご覧ください。
記事一覧

「冗談からはじまり人気になったコイン」ドージコインの価値はどこにある?

かわいい柴犬の顔で知られているいわゆるミームコインの一種のDogecoinですが、その人気の秘訣はかわいさだけでしょうか。Dogecoinの価値とは何でしょうか。また今まで個人や企業によってどのように利用されてきたのでしょうか。今回はDogecoinの魅力について、DogecoinをPRに利用してきた企業のストーリーやDogecoinのクリエイターの話も交えながら紹介しています。どうぞご覧下さい。本記事は、 STEXに掲載されたJoyce Pavia Hanson氏の「Dogecoin: All Bite or Real Bark」の内容を日本語へ翻訳し掲載したものです。原文の英語版はこちらをご覧ください。
記事一覧

ドージコイン(DOGE)とはどんな暗号資産なのか?

2013年に暗号通貨市場のパロディー的存在として誕生したDogecoin。実は意外と歴史の長い暗号通貨であるということをご存知でしたでしょうか。Dogecoinは誕生以来、人々やメディアとどのように関わってきたのでしょうか。どういった特徴を持つ通貨で、Bitcoinとどう違うのでしょうか。今回はDogecoinの歴史・特徴について詳しく解説し、弱点や価格が急騰した背景、さらにはマイニングについても触れています。ぜひご覧ください。
記事一覧

ウクライナ危機がBitcoinとクリプト市場に及ぼす影響とは : サイモン・チャンドラー氏

ロシアとウクライナをめぐる緊張は株式市場や暗号通貨市場含む金融市場にどれほど影響を及ぼしているのでしょうか。直近の下げ相場もウクライナ危機による地政学リスクから来ているのでしょうか。今回の記事では幅広いアナリストたちへの取材を元にして、ウクライナ危機がクリプト市場に及ぼしている影響について探ります。ぜひご覧下さい。
記事一覧

検索データからみる2021年にBitcoinが最も注目された国 : The World Bitcoin Report ニノ・カデル氏

Bitcoinについてよくネットで検索しているのはどこの国でしょうか。またBitcoin関連のWikipediaの閲覧やTwitterでの言及はどうなっているのでしょうか。今回は世界各国のBitcoinに関する検索情勢を分析し、人々の検索データからBitcoinが人気な地域とそうでない地域を割り出します。多種多様なデータを用いて多角的な分析をしておりますので、ぜひご覧下さい。本記事はThe World Bitcoin ReportのCEO兼エディターのニノ・カデル 氏(Nino Kader)の「Which country is most intersted in Bitcoin?」の内容を日本語へ翻訳し掲載したものです。原文の英語版はこちらをご覧ください。
記事一覧

この世界には本当に「メタバース」が必要なのか:マシュー・マクファーレーン 氏

メタバースがものすごい勢いで流行する中「社会は本当にメタバースを望んでいるのか」と問う識者もいます。今回は、メタバースは少数の大手企業によってコントロールされている「寡頭政治」であり、大衆は企業や一部の権力者の利益のためにメタバースを押し売りされている、という主張について見ていきます。メタバースにはどのような問題があるのでしょうか。どうぞご覧ください。
記事一覧

暗号通貨を利用した寄付の利点とは:トニー・シモノフスキー氏

様々な業界に革命を起こした暗号通貨ですが、慈善事業も影響を受けた分野の一つです。近年では暗号通貨による寄付を受け付ける慈善団体が増えてきました。ブロックチェーンを使った寄付のメリットとはなんでしょうか。また、慈善事業団体にはびこる「チャリティー詐欺」とは何でしょうか。今回は慈善事業の抱える問題と暗号通貨を用いた解決策について、可能性を考察しています。ぜひご覧ください。