PH

『APIとは何?』BTCBOX APIで利用可能な機能を紹介

APIとは、アプリケーション・プログラミング・インタフェース(Application Programming Interface)の略語で、外部サービスなどと連携する際に利用できるデータ通信の仕組みです。このAPIを利用することで、BTCBOXの取引画面を開くことなく、リアルタイムの取引所のデータを取得したり、売買ツールやプログラミングによって自動取引を行うことができます。BTCBOXのAPI機能は全て無料でお使いいただけます。APIの仕様についてはこちらをご覧ください。

BTCBOXが提供するAPIにはパブリックとプライベートの二種類がございます。

パブリックAPI(Public API)

誰もが自由にアクセスできるパブリックAPIでは、BTCBOX取引所内で売買される各暗号資産(BTC・ETH・BCH・LTC)の以下の情報を取得することができます。

プライベート API(Private API)

プライベートAPI は、BTCBOXで口座開設を行い、本人認証が完了された方のみお使いいただけます。ご利用いただくためには、APIキーと呼ばれる文字列を取得する必要がございます。取得方法はこちらをご覧下さい。

プライベートAPI も大きく分けて二種類の権限があり、お客様の残高や約定情報などのデータだけを取得する「データ取得の権限」と、実際に売買注文のリクエストや取消も行うことができる「全ての権限」がございます。

そのため、取得されたAPIキーが第三者に知られた場合、お客様の意図しない資産の操作・取引等が行われ、損害が発生する可能性がございます。必ず安全な方法により、ご自身で管理して下さい。

「データ取得の権限」で取得可能なデータ

「全ての権限」で可能な操作

  

外部サービスとの連携

お金の見える化アプリ「マネーフォワード ME」にアカウントをお持ちのお客様は、APIキーを使用して、BTCBOX内のリアルタイムの残高データを連携することが可能です。連携方法に関してはこちらをご覧下さい。