PH

「トランスヒューマニズムと暗号通貨」ゾルタン・イシュトヴァン氏 (全インタビュー記事)

アメリカ大統領選で史上初めてBitcoinで政治資金を集め、トランスヒューマニストとして知られるゾルタン・イシュトヴァン氏(Zoltan Istvan)にインタビューさせていただきました。インタビューでは、トランスヒューマニズム運動やブロックチェーンを導入した選挙を支持する理由などについてお話を伺いました。是非、ご覧ください。

ゾルタン・イシュトヴァン氏

インタビュー日 : 2020年5月20日

ゾルタン・イシュトヴァン氏 (全インタビュー記事)

トランスヒューマニズム運動とは

「トランスヒューマニスト: Transhumanist」とは、ラディカルな科学技術を通じて人間と社会生活をより良いものへと変革したい人のことを言います。そして、「トランスヒューマニズム : Transhumanism」とは、科学技術を利用して人間を根本から改変しようとする考え方で、何百万もの人々が参加する社会運動となっています。

これには、障害者が再び歩くことを可能にする外骨格技術(パワードスーツ技術)や、人工知能と直接交信することを可能にする脳インプラントのようなものがあります。遺伝子操作で3本目の腕を再生させようとするものもあり、常にラディカルな科学技術も存在しています。

  

Zoltan Istvan

それとは逆に、少なくともアメリカでは「人間の体は、神によって完全な形で与えられたものであり、如何なる変更も加えるべきではない」という非常に強い宗教的な考えがあります。アメリカには、トランスヒューマニズムが完全な悪であると考える人が多くいます。彼らは人間の体の形を変えるために科学技術を使うことに賛同していないので、トランスヒューマニズムとは正反対の考え方であると言えます。

メディアでは、「トランスヒューマニストは人間を別の何か違うものに変えようとしている本当に悪い人達だ」と主張する人々との対立が、よくニュースになっています。しかし、私達にとっては、人間の体を変えるというより、「完全な健康を実現するための最良の方法とは」「如何にして人間が死ぬことなく、より長く生活を送ることができるか」という問いに対して、医学とテクノロジーを利用しているだけに過ぎません。

現実の状況は、5年から10年ごとにますます急進的で激しくなってきています。最終的に、私達はロボットになり、酸素も食べ物も必要なくなるでしょう。いつの日か思考を持った自分は存在するが、全く異なる何かに変化していくことになると思います。 これは今から100年後に起こっていることかもしれませんが、それが私達が歩む進化のパターンだと思います。

私は、全てが変化すると考えています。それは、テクノロジー自体が変化していくからなのです。生命の仕組みは強力で、心臓は70〜80年後に動かなくなり、脳や思考が衰えてしまうのは、生命が永遠に続かないように設計されているからです。ただ、コンピューターなどのマシンについて言えば、適切な予防策を講じ正常に機能する場合、何千年もの間疲労することなく動き続けることができます。トランスヒューマニストが、自分自身と合成部品を融合させたい理由はここにあります。これらの部品は生物的なものではなく、人工的な合成部品、またはチタンやシリコンなどで作られた機器です。

億万長者は神にならない

トランスヒューマニズムの最大の目標は、科学技術で死を克服しようとすることです。よく私達に対して2つの批判があります。1つ目は、誰も死なない場合、世界の人口過多にどうやって対処するかという問題です。正直なところ、これは非常に良い批判であり、私達も100%の確信を持っているわけではありません。

この地球において、私達は過剰開発と人口過多によってこの惑星を破壊しているのかもしれません。誰もが超人間的な存在で、死亡することがなくなり、人口が200億人まで増えてしまうというシナリオは大きな問題です。それは非常に妥当な批判であり、私達もその解決策を考え出したいと思っています。

しかし、一方でよくある批判が、急進的な技術を超富裕層の人だけが享受でき、残りの人々が置き去りにされてしまう状態をどう防ぐかという問題です。世界中に民主主義が広がるこの時代において、マーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツのような人達が、自分達だけが神となり他の人を置き去りにしたいということは信じられません。彼らは優秀なビジネスマインドによって、運良く裕福になった人達であり、今彼らは人々を助けたいと考えています。

例えば、ビルゲイツ氏はソーシャルワークに取り組み、自分の財産を投じて人類を救っています。彼が、私達全員を置き去りにして、偉大な神になりたいということは絶対にありえないと思います。そのような批判があれば事実ではありません。非常に裕福な人達は、残りの人々を助けるという義務を負っているのだと思います。恐らく100年前には違う世界があったと思いますが、現在はテクノロジーで億万長者になった人達やトランスヒューマニズムの分野にいる人達は、人道的なことにある程度の関心を寄せています。

トランスヒューマニストはBitcoin支持者

大部分のトランスヒューマニストは、暗号通貨を支持しています。私は2016年のアメリカ大統領選挙にトランスヒューマニスト党から出馬し、政治資金をBitcoinなどの暗号通貨で集めた最初の大統領候補となりました。暗号通貨は、とても魅力的で素晴らしいものだと思いますし、私自身もいくらか保有しています。

しかし、私にとって暗号通貨よりもさらに重要なのはブロックチェーン技術であり、この技術が世界に革命をもたらすと考えています。それは、結婚許可証、パスポート、不動産取引からお金の処理まで、あらゆることが可能になります。このブロックチェーンを導入する企業が増えていくことで、社会に変革がもたらされるでしょう。この技術により、全てをスクリーニングし、物事をより安全で機能的に動かすことができます。そして、私達が望むあらゆる種類のものに、より簡単に信頼できる方法でアクセスできるようになります。

最終的に、どのコインが勝ち残るのかはわかりませんが、ある時点で暗号通貨が米ドルに置き換わるか、少なくとも米ドルに直接紐づけられる可能性は十分にあります。それらはデジタル化され、より機能的で速く安全になっていくでしょう。そのため、私はこのようなテクノロジーを強く支持しています。政治的な視点から見れば、特に世界を大きく変えることができるのは、ブロックチェーンであると考えています。

2024年の選挙までには、少なくともアメリカにおいて、大統領選挙にブロックチェーン技術を導入する必要があるかという議論が行われる予定です。このような技術がすぐに大規模に受け入れられるかということを考えると、恐らく最初は行政の下のレベルの役所などで導入され始めていくと思います。

しかし、実際にはテクノロジーが既に存在しており、その安全性は証明されているという事実があります。今、本当の問題になっているのは、この技術を如何にして他の人達に信頼してもらうことができるかということです。アメリカでは、人口の半数が高齢者となっており、彼らは紙に何かを書きたいと思っています。実際に紙が見えなければ怖いという気持ちもあり、インターネットやブロックチェーンのように全く新しいものに対しては、さらに大きな不安があります。

あまり理解されていないのは、ブロックチェーンには選挙をより安全に行える可能性があるということです。1枚の紙と同じように、ブロックチェーンも信頼することができます。インターネットは信用できないかもしれませんが、ブロックチェーンは大きく異なります。それは事実上ハッキングが不可能であり、私達がそこに投票の仕組みを構築できれば、それは選挙への信頼性という点で大きなうねりになると思います。

現時点で、ロシアにせよアメリカにせよ、行われた選挙の公正性や、何が起こっているかを確認できる方法がありません。しかし、ブロックチェーンを利用することで信頼は向上し、この候補者が選挙で勝利したということを、その台帳を見ることで確認することができるようになります。

最初のBitcoinによる政治献金

私は、2016年のアメリカ大統領選挙の時に、トランスヒューマニスト党のためにBitcoinで政治資金を集めました。選挙運動自体は2014年から始めていて、2015年にBitcoinで政治資金を受け入れた最初の候補者の1人となりました。当時としては非常に画期的で、Bitcoinはトランスヒューマニスト党へと献金されました。

私達は科学技術の政党として、暗号通貨を支持しています。暗号通貨もラディカルな科学技術の一部であり、これは価値を交換することのできる全く新しい方法です。なので、私のチームにとっては、それを受け入れたことは非常に自然なことでした。

当時、私達のチームにはしっかりとした暗号通貨の専門家が一人もおらず、他のコインに関してもあまり知りませんでした。政治資金を受け付けたのは、Bitcoinが急上昇する前の2015年でしたが、それを採用したのは非常に良いことだったと思っています。

価格が大暴落する2018年以前に手に入れたBitcoinですが、正直に言うと当時は管理が不十分でだったことが原因で、Bitcoinの一部を失ってしまい、二度と取り戻すことができなくなってしまいました。ただ、その価値は2万ドルぐらいだったので、金額としては大したものではありませんでした。

Bitcoinを資金調達の方法として活用するのはそれが初めてでした。非常に迅速かつ効率的に送金を行うことができ、プライバシーも守ることができる素晴らしい手段であると思いました。トランスヒューマニストは、シンプルかつ効率的で迅速な手段を探し求めています。暗号通貨のこの機能性こそ、私達が求めていたものでした。

極端なリバタリアン

私は、リバタリアニズムという思想に賛同しています。リバタリアン(リバタリアニズムの主義者)は、自分の行動に対する他者からの干渉を認めないという点で、暗号通貨やブロックチェーンの大きな支持者であると言えます。

これは非常に素晴らしい考え方であり、私は長い間リバタリアンであり続けてきました。リバタリアン小説の中で非常に人気になった「The Transhumanist Wager」という本では、私の考え方について解説しました。

ただし、リバタリアンの中には自由への願望が度を越してしまう人もいます。私は、そのように行き過ぎたリバタリアンではなく、その中間の考えを持っています。民主的な投票が行われ、そこに透明性がある限り、政府が存在することは良いことだという考えです。

運転免許証や信号機も必要ないというリバタリアンの人達を何人か知っていますが、そのような考え方は度を越していているのだと思います。私自身のイデオロギーは、リバタリアンとそうでない人達の真ん中にあります。

現実的に考えれば、暗号通貨が完全な自由放任の状態になった場合、ハッキングなどの盗難が起きないことを誰も保証できなくなってしまいます。

ほとんどの場合、たとえリバタリアンであったとしても国の管理組織や警察は必要であると考えられています。消防士があまり必要ないという人も中にはいますが、私は必要だと思っています。

人々の最大便益をサポートするためには、基本的なレベルでいくつかの行政サービスが必要となります。重要なことは、透明性を維持し、人々の声に応えられることだと考えます。

人間拡張は現実社会に

人間拡張(ヒューマン・オーグメンテーション)という言葉があり、これが何を意味するかは場合によっては異なると思います。状況が変化し続けているので、何が人間拡張であるかを正確に言い表すのは難しいですが、現在、多くの高齢女性が人工股関節を付けたり、矯正治療が行われるなど、人間拡張はある程度の人気があります。これは、技術的には人間拡張と呼べるかと思います。

特に、高齢者の4人に1人が体の中に金属板のようなものを入れているという状況を考えると、私達は人間拡張という一線を既に飛び越えてしまっています。

ただ、この人間拡張は選択的であるべきです。例えば、私の手にはチップが埋め込まれていて、玄関のドアを開けたり、自動車のエンジンを動かしたり、Bitcoinをトレードしたりできます。

これは医療目的でもなく、私自身がチップを埋め込むという選択したからです。こちらの方が少しだけ人間拡張という言葉には近いかもしれません。私自身は、身体に物を入れ、自分自身を拡張するというアイデアをとても楽しんでいます。多くのトランスヒューマニストは、これが人間拡張であると考えると思います。

また、多くの高齢者が体の中にポンプやバルブのようなものを付けている事も非常に興味深いことで、これも一種の人間拡張と言えます。

脳で義肢を動かすサイバー・オリンピック

パラリンピックの世界は、すでにトランスヒューマニストの時代へと移り変わっています。例えば、ブレード(競技用義足)を使用している短距離走者は、普通の人とほぼ同じ速さで走ることができます。

おそらくは、今後5年間で彼らは通常の人よりも速く走ることができるようになるでしょう。その点では、既に一線を超えてしまっています。

現在、サイバスロン(Cybathlon)と呼ばれる競技はパラリンピックの一部となっています。サイバスロンは世界初のサイバー・オリンピックであり、頭にヘッドセットを装着した身体障害者が自転車を動かす競技などがあります。

彼らは足がなくても、脳で考えることによって自分たちの義足を動かし、トラックを駆け巡ることができます。私も最近、これに関する記事をニューヨーク・タイムズで書きました。これは新しいタイプのオリンピックであり、パラリンピック以上のものであると考えています。

このようなサイバー・オリンピックと呼ばれる競技には、膨大な種類のテクノロジー、特に自分の脳波と義肢を結び付けられる科学技術が必要となります。

それを使用することで、自分の足ではなく、脳内の活動を通してロボットの足を動かし、走ることができるようになります。これは非常に魅力的なテクノロジーで、腕や脚を動かせない人など、多くの人達がこのテクノロジーを必要としています。

サイバー・オリンピックなどのイベントや競技は、これらの技術開発を後押ししています。これよって、大きな事故に遭ってしまった人が自由に移動できるようになり、通常の生活を続けることができるようになるのです。

アメリカの植民地資本主義

ある時点で、現在の経済システムは大きく崩壊してしまうと考えています。2008年には、ローンによる崩壊を目の当たりにしました。そして、現在のコロナウイルスの後に何が起こるかは誰もわかりません。

アメリカでは、マイナス金利や紙幣の増発などについて話し合われています。お金は食料、住宅、原料などの価値を反映するべきものであり、単にそれを印刷し続けるだけではいけません。本当の価値が必要とされていると思います。

紙幣は印刷すればするほどインフレが起こってしまい、多くの問題が発生します。現在の通貨システムは偽りですが、紙幣の増発以上にシステムを堕落させているのは、誰もが守るべき平等なルールに従わない大資本家が多くいるという植民地主義が存在していることです。

そこには、超富裕層の人達が市場を支配するという悪循環が存在しています。例えば、トランプ大統領は大企業にお金を与え、それを受け取った大企業はまた他の大企業へとお金を回していきます。最終的に、不平等が拡大するにつれて人々が反乱を起こすこととなり、そこに暗号通貨の出番が来ると思っています。

熊手を持ち出して超富裕層に対抗するようなものではなく、巨大な銀行や製薬会社に頼ることなく、自分達で生き抜いていけるような選択肢を得ることができると思います。リバタリアンの様な人々がBitcoinを支持しているのは、経済システム全体が歪んでいるからなのです。暗号通貨を使用することで、資本主義に繋がれた鎖から自分自身を解放できるという感覚があります。

私は資本主義が好きですが、アメリカにあるのは本当の資本主義ではなく、植民地資本主義であると考えています。それは、富裕層のあるグループが別の富裕層のグループにお金を渡すような寡頭制になっています。そして、アメリカでは48%の人々が何らかの支援を政府から受けています。

現在、ここカリフォルニア州や他の州などでも、コロナウイルスによる外出制限があります。労働者は職場に戻るように呼びかけられていますが、働かずに家にいる人の方が実際に働いている人よりも多くのお金を政府から受け取ることができてしまっています。このようなシステムは機能しません。

一生懸命に働けば暗号通貨が手に入り、誰もそれを奪うことができないような仕組みが必要です。そのような公平性がなければ、システムは必ず崩壊してしまうでしょう。

ブロックチェーンによるベーシックインカム

私はユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)を支持しています。リバタリアン的な方法でこれを実行するには、アメリカ合衆国の保有する200兆ドルもの手付かずの森林や、採鉱施設などの連邦地を取得します。これらの連邦地は、自然保護のために保存されています。

カリフォルニアでは約25%の人が貧困に面しています。つまり、何百万人もの子供たちが、夜にお腹をすかせているのです。アメリカにこんなに空腹の子供がいるのは予想外かもしれませんが、実は毎晩1,000万から1,500万人の子供がお腹をすかせているのです。

そこで、天然資源の一部を利用して人々に分配することで貧困に対処したいです。一連のプロセスを実行に移すために、そして完全に透明なものにするために、暗号通貨、または同様の何かを使用することに関しては全く抵抗ありません。

たとえ私が、「一部の連邦地を大企業に貸し出すことで、大企業からお金を受けることができます。お金は国民に支払われるので、結局のところ、土地は政府のものではなく国民のものなのです。」と主張しても国民は聞き入れてくれません。

問題は、お金が支払われるまでの間に、政府や官僚、弁護士など、現場に多くの関係者が参入してきてしまうことです。そうすると国民のお金の取り分はほとんど残りません。

これこそが植民地資本主義であり、全く信用できないシステムなのです。もしも暗号通貨やブロックチェーンの台帳であれば、土地をリースして得られたお金の動きが明確になり、ベーシックインカムのプロセスは劇的に透明になるでしょう。

最終的にすべてのアメリカ市民が、同額の金額を受け取るようにもできるでしょう。はるかに信頼性の高いシステムの出来上がりです。

単に「連邦地をリースする」ということだけではなく、「連邦地をリースして得られるお金は、コンピュータによって設定された暗号通貨という形で、毎月必ず国民の手に支払われることが保証されている」ということを可能にするシステムです。政府などの仲介者を経ることがないので、信頼することができます。

現在アメリカ政府は給付金を配っています。しかしアメリカでは、約3割の人がコロナウイルス関連の給付金をまだ受け取れていない状況です。ロックダウンに入ってすでに8〜9週目になりますが、家賃支払いはどうしているのでしょうか。

これは、暗号通貨が機能するかどうかという次元の話よりも、もっと大きなシステムの話です。多くの植民地資本家が、庶民の公平性のために実現しないといけないシステムです。

だからこそ、私は暗号通貨が好きなのです。暗号通貨は公平であろうとしたわけではなく、単純にシステムの設計上、勝手に公平になる仕組みなのです。狙ったというよりはあるがままのものなので、とても便利だと思います。

最近だと、Facebookや、中国がその方向に向かっているようです。アメリカも、そういったシステムを思いついていても不思議ではありません。何しろ信頼性の高いシステムですので、遅かれ早かれ、最終的には、世界中が向かう方向だと信じています。

お金についての教育が必要

教育体系の中に、お金や価値について教える科目を設けるべきだと思います。他の国については分かりませんが、アメリカの問題の1つは、多くの人が、トレーディングのやり方といった、重要なことのやり方を何も教わらずに、学校を卒業することだと思います。 

私は家を建てる方法を知っています。ジャーナリストになる前にしていた仕事だからです。だから、何が起こっても、少なくとも手を使って、仕事に就くことができます。

しかし、お金の使い方がわからないのに、仕事をしたところで一体何の意味があるのでしょうか。たとえばお金を手に入れても、アルコールとか、不要な品物の数々に費やしていたら、仕事をしてもいいことは何もありません。

価値という側面からお金について教育することは非常に重要です。大恐慌といった歴史について教え、また、なぜそのようなことが起こったか原因を考えるようにします。

銀行家が不況時に借り入れをしすぎてどうなったか、現在のコロナ禍が、経済面でどのような影響を及ぼすか、そういったことを考えていかなければなりません。

そこで、貯蓄に関することや、へそくりを貯めておくこと、ゴールドをもっておくこと、Bitcoinをもっておくことなど、お金の基礎について教えることが大事になってきます。

私は、不動産だけではなく、小型帆船ももっていますし、いざという時のために、ブドウ畑も持っています。地下室には大量の種子を貯蔵していますし、暗号通貨、ゴールド、銃もいくらか用意があります。

これらの蓄えはまだ使ったことがないですし、出来れば使う時がこないことを祈っています。私がこういったものを持っているのは、ナショナルジオグラフィックのジャーナリストとして働きはじめた際に、紛争地域や紛争地域を取材したからです。

紛争地域に行くと、一夜にして全てを失ってしまうこともある、ということを学びます。したがって資産は分散投資しておく必要があるのです。たとえ40%の資産を奪われたとしても、他の60%は残るように、価値の異なる多様な資産を準備しておかなくてはいけません。

賢い手段に見えるものの、実行に移すのは大変で、しかもこれを皆に教えていかなければなりません。私自身、紛争地域に行って、かつては裕福だった家族が路上で暮らしているのを実際に目にしていなければ、学べなかったことかもしれません。

メディアではなく、信頼できるジャーナリストを信じる

私はイーロン・マスクとアンドリュー・ヤンをフォローしています。アンドリュー・ヤンは現在、ベーシックインカムの分野でリーダー的存在です。

彼はユニバーサルベーシックインカム進めるためには増税するべきだと主張していて、ここは私の見解とは違うのですが、そういうこともあると思います。他にも数々のリバタリアンや偉大なジャーナリストもフォローしています。

よくないメディアもあれば、とても良いジャーナリストもいますので、メディアとジャーナリストは分けて考える必要があると思います。良いジャーナリストの伝える話は、いつでも信頼に値します。

このように様々な人やメディアがいます。私はニューヨークタイムズのために記事を書いていますので、かなりの数のニューヨークタイムズのジャーナリストをフォローしています。

ゾルタン・イシュトヴァン(Zoltan Istvan)

カリフォルニアで生まれ。コロンビア大学で哲学と宗教の学位を取得し、ナショナルジオグラフィックで記者を経験。野生動物保全団体「WildAid」理事などを歴任。世界銀行、世界経済フォーラムなど様々な国際フォーラムでスピーチを行う。これまでに「The Transhumanist Wager」「Futureisist Cure」などの著書があり、近著「Upgrading America」はAmazonの政治カテゴリーで1位となった。トランスヒューマニスト権利章典(Transhumanist Bill of Rights)の起草人であり、AI、遺伝子操作、技術政策を専門とする。起業家としても複数のビジネスで成功を収め、現在は医師である妻、2人の娘とサンフランシスコのベイエリアに住む。2020年にリバタリアン党の副大統領候補として出馬した。

  

インタビュー・編集: Lina Kamada

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。