PH

著名テクニカルアナリスト アレッシオ・ラスターニ氏(全文インタビュー記事)

著名テクニカルアナリストのアレッシオ・ラスターニ氏(Alessio Rastani)にインタビューをさせていただきました。ラスターニ氏は、トレーダーとして10年以上にわたり金融市場の研究を行い、株式市場のテクニカル分析、暗号通貨、外国為替に関して、レポートやYouTube動画などで情報発信をしています。また、ロンドン、米国、オランダ、香港など多くの場所で講演を行い、TEDtalkでもスピーチを行っています。

アレッシオ・ラスターニ氏

インタビュー日 : 2020年6月29日

アレッシオ・ラスターニ氏(全文インタビュー記事)

インターネットバブルの教訓

私がトレーダーとしてのキャリアを始めたのは、2000年代の初めに株式市場に興味を持ち、世界で最も大きな会社の1つであるゴールドマンサックスで働いていた人物と出会ったのがきっかけでした。彼は素晴らしい人で、今は私の良き友人となりました。彼に株式市場の世界へと連れられ、いくつかのトレード戦略を教えてもらったのが始まりでした。

株式市場についての研究を始めましたが、そこで数多くの失敗もしました。学生だった1990年代後半頃に、相続財産で受け取った5万ドルという大きなお金を失ってしまい、それが大きな教訓となりました。

Alessio Rastani

1990年代後半から2000年代初頭までのインターネット株は、現在のBitcoinのような感じでした。当時の状況は今日とは大きく異なり、現在のBitcoinが全く新しいものであるように、当時のインターネットも皆にとって非常に新しいものでした。

皆がインターネット株に夢中でした。私もそのような株に夢中で、最悪な投資をしてしまいました。そこで自分に問い正したのは、永遠に投資をやめるべきか、それとも何か学ぶべきかという事でした。そして、私は後者の道を選び、今日に至ります。

私は短期的なトレードは行わず、Bitcoinに関しても長期の取引を行っています。それは、株式市場でも同じ戦略で、私はデイトレードもスイングトレードもしません。

私が2013年に初めてBitcoinについて聞いた時は、非常に恥ずかしいことがありました。当時、ピーター・シフ、ブライアン・ローズと一緒にインタビュー動画を撮影していて、その動画の中で数年後には誰もBitcoinについて話すことはないだろうという恥ずかしい発言をしてしまいました。今では、それは完全に間違いだったと思っています。

Bitcoin懐疑論者からトレーダーへ

私を含め多くの人は、Bitcoinの価格が1,000ドルなのは高すぎると思っていました。それが10,000ドル、最終的には20,000ドルになると誰が予想したでしょうか。

しかし、BTC価格のチャートが放物線の形になっていたという点で、2013年はバブルであったと言えます。多くの人は「バブル」という用語を、単に価格が高くなることと誤解していると思います。確かに、バブルとは短期間に財の価格が高くなることを意味しますが、トレーダーがこの言葉を使う時は、その価格上昇が放物線状に加速していくことを意味しています。

価格が放物線の形になると、非常に危険な状態になります。私が最初にBitcoinの世界に入ったときは、小さなバブルがありました。価格は1,000ドルまで上がった後に暴落しましたが、最終的にはまた上がりました。それがBitcoin取引を開始し、Bitcoin懐疑論者であった自分の間違いを理解した瞬間でした。

そこからBitcoinを分析し始め、もっと真剣に取り組むようになりました。数年後の2017年には、Bitcoinに関する動画制作も始めました。2017年にはBitcoin相場に関して強気な動画を作ることから始めましたが、価格が放物線状のフェーズに入ったので、その後弱気な内容へと変えました。Bitcoinの価格が10,000ドルから20,000ドルとなった場合はとても危険であり、暴落の可能性もあるためマーケットについてよく考えるべきであると発言していました。

2017年9月〜2019年3月までのBTC価格(ドル)

エリオット波動理論で考えるBitcoin相場

ここ数ヶ月の間、Bitcoin相場は横方向のレンジを保ってきました。現在のBitcoinは、エリオット波動理論の第3波の開始点にあると考えています。

エリオット波動理論は、ロシアのマトリョーシカ人形のようなもので、1つの人形を開くと、内側に小さい人形があり、次にその人形を開くと更に小さい人形が中にあるので、最後の人形を開くまでそれが続いていきます。

エリオット波動理論もこの人形と似ており、これにより市場のトレンドがどうなっているかを理解することができます。ここでは、マーケットが5つの波で構成されおり、それぞれの波が更に小さな波によって構成されていることが説明できます。

3月の相場の回復で第2の波が終わってからは、Bitcoinの重大な上昇トレンドが始まったと思います。今後数年間の私のBitcoinに対する見立ては、今より高い3〜5万ドルのレンジです。(これでも控えめだと考える人もいます)これはまだ上昇トレンドの始まりに過ぎず、現在は上昇トレンドの3つめの新しい大きな波の始まりに突入していると思います。

第3波へと進む前に、第2波が終了すると市場の調整が再び行われます。Bitcoinの価格は、もう一度12,000ドル程度まで上昇し、その後1万ドル以下への調整が起こります。しかし、Bitcoinが1万ドルのレンジに留まるのはこれで最後となり、そこから今後数年間で更に高いレベルまで動いていくでしょう。

金融のニュースを感情分析に

私は金融メディアやメルマガなどがあまり好きではなく、特に役に立つとは思っていませんが、センチメント分析(感情分析)としては非常に便利です。センチメント・トレーダーのJason Goepfertという人がいて、彼の研究は本当に素晴らしいと思います。

私がニュースやライターの発言に注意を払っている理由は単純で、これらは多くの場合に逆張りの指標となることがあるからです。非常に悲観的なトーンで記事を書く金融ジャーナルやメディア記事のライターは、しばしば逆張りの指標となります。

非常に楽観的なトーンで記事を書くジャーナリストもいます。なので、私はそのニュースサイトに行き、Bitcoinについてのポジティブ、ネガティブな記事数をそれぞれ数えるだけです。ポジティブな記事が多ければ、それに逆張りすることができます。また、Bitcoinやその他の暗号通貨について非常にネガティブな記事がたくさんある場合も、価格変動のターニングポイントとなる可能性があるため、それらを有利に利用することができます。

コロナの株価への影響

これから、どのようにウイルスの状況が変化していくかにもよりますが、航空業界やレストラン業界は、大変な苦労をしていると思います。コロナが来年までに終わると言う人もいれば、消滅することはないと言う人もいます。

しかし、ワクチンが開発され、最終的に感染者数が減少するようになるまでは、航空会社やレストラン業界はひどく苦しむこととなります。数か月後に航空会社やレストランの銘柄の株価が上昇トレンドになったとしても、株式市場での価格変動と実際の経済は異なるので、業界の苦しい状況は続くことでしょう。

私は、航空業界とレストラン業界の株価チャートをチェックし、上昇トレンドが起こるかどうかに注目して見ています。巨大な会社であるボーイング社を例にとってみましょう。私は、政府から大規模な救済を受けているボーイング社が好きではありません。企業は失敗したり問題を抱えたりした場合でも、政府に救済を求めるべきではないからです。それは企業に対する社会主義のようなもので、他の航空会社も世界中で大規模な救済を受けています。

いずれにせよ、株価に関して言えば、ボーイングで上昇トレンドが起こるかは非常に興味深い点だと思います。一度、上昇傾向が見られれば、私は買いを入れようと思っています。一部の航空会社は倒産してしまうため、注意も必要です。

航空会社の株価が1ドルを下回る場合は、破産してしまう可能性があります。1ドルを下回る銘柄は、0に下がる可能性が非常に高いため、私が触ることはありません。5ドルの銘柄であっても、そこから5ドルを下回ると、瞬時に2〜1ドルまで下がる可能性があるので注意が必要です。特に航空業界は、今後数年間で規模が縮小するにつれて、多くの影響を受けることでしょう。

法律からトレーディングへ

私は法学部出身だったので、金融とは一切関係ありませんでした。法律の仕事から、株取引とチャート分析の仕事をするようになったのは偶然でした。ゴールドマン・サックスに勤める投資家の友人いましたので、市場のことや株取引について学ぶきっかけになりました。

今振り返ってみると、元々の職業である法律をやめて本当に良かったと思います。法律の仕事を楽しんでいたとしても、長期的にこの仕事を続けていくのには向いていなかったと思います。

投資におすすめの本

チャートの読み方を学び、トレードをする上でおすすめな本は、スティーブ・ニソン「陰線陽線:日本式ローソク足チャート術(Japanese Candlestick charting Techniques)」です。

日本のローソク足のパターンを全て知っている必要はありません。私が最もよく使うのは、ハンマー、流れ星、強気の巻き込みパターン、そして弱気の巻き込みパターンです。先ほどご紹介した本は、手始めに読むのに最適です。

私のお気に入りのトレーダーの1人にLinda Rashkeという方がいるのですが、彼女の「トレーディング・サーディンズ(Trading Sardines)」という本もおすすめです。

それから、マーク・ダグラス「トレーディング・イン・ザ・ゾーン(Trading in the Zone)」も好きです。トレーディングの心理学を理解した人に一押しの本で、大変おすすめです。

1つの使えるアイデアがあれば十分

読んだ本の中にあるヒントやアドバイスをすべて使用するわけではありません。本を読むと、一つの頭に残るアイデアを見つけることができ、それがやがて役に立つでしょう。

たとえばですが、私は日本のチャート分析書にのっているパターンを使いません。数式分析を読みすぎると分析マヒになってしまうので、必要ないと思いますし、役に立つとも思いません。何の意味のないところまで深く分析しすぎてしまうかもしれません。

私が初めてチャート分析やトレードを学び始めた頃、ゴールドマン・サックスで働いていた友人が、お気に入りの分析術をいくつか伝授してくれました。彼のが気に入っていてよく使用していたローソク足のパターンは、流れ星とハンマーのパターンでした。

私たちはチャートに書き込み、彼は分析術を披露します。「まずは市場で価格の上昇トレンドを待つ。次は21日移動平均線のような、価格の低下を支持する特徴を探す。それからハンマーのローソク足パターンを待つ。ハンマーのパターンが形成されると、そのパターンをブレイクしたら買い。流れ星のパターンの場合はハンマーのパターンと逆。」

彼の教えてくれたこのような分析術が長い間ずっと役にたっています。

チャート分析を学ぶには

Bitcoinに関しては何冊か良い本があります。Dominic Frisbyの書いた本もいいのですが、数年前のものになるので少し古いです。

Bitcoinと暗号通貨の業界に入りたいのであれば、業界に没頭する必要があります。チャート分析をしたり価格の動向を確認したりすることで没頭することができ、また反復練習をすることができます。

市場とトレードについての勉強は終わりがなく、常に学び続ける必要があります。しかも市場は昔も今も刻々と変化しています。決まっていたパターンすらも変化します。新しいパターンを学習したり、市場がどのように進化しているのか、学んでいく必要があります

アルトコインの可能性

私はBitcoinだけではなくアルトコイン信者でもあります。アルトコインの専門家であるとは言いません。私よりも詳しい人はいます。しかし、Ethereumの市場をはじめとして、マーケット状況も見てきましたし、XRPとNEOも好きです。

一部の人がこういったアルトコインを嫌っていることは知っていますが、私はBitcoin至上主義者ではありません。アルトコインも可能性を秘めていると思っています。視野を広くもっておくべきなので、私は何種類かのアルトコインの動きも追っています。

批判を受けることにも価値がある

私がYoutubeを始めたのは偶然でした。元々は旅行ブログを作っていて、一部の旅行を動画にしていたのですが、旅行のコンテンツは不得意だと気がつきました。そこで、他のコンテンツの動画に取り組みたい思い、それ以来チャート分析についての動画を投稿し始めました。

Bitcoinが暴落すると予測して動画を作ったのですが、その時のBitcoinの価格は10,000ドルくらいでした。Bitcoinが1週間や2週間で10,000ドルから20,000ドルになるなんて想像もしていませんでした。私は驚きましたが、そのレートも長続きはしませんでした。

Bitcoinの崩壊前に動画を投稿した時は、バブルが崩壊すると言ったことで、多くの人に怒られました。しかし最終的には崩壊しました。YouTubeで大衆の予想とは逆のことを言うと、多くの反感を買うということに気づきました。

「狂っている」「間違っている」などと言われたり、一部の人にひどく怒られたりするでしょう。それはよく理解しています。しかしそれでも、人々の予想と反対のことを言う価値はあると思います。

多くの人が「君は間違っている」と言って攻撃的になるのは、本当はそれが正しいかもしれない、という恐れがあることを示しているのです。

屈辱的な気分を味わうこともある市場分析

市場は1日、1週間という短い期間で変化します。1人のトレーダーとして、市場分析を行うことは非常に困難です。 1週間前に言ったことは、翌日、または次の週になると間違っていることが証明されて、屈辱的な気分を味わうかもしれません。

この仕事は自分にとって、今まで経験した中で最も難しい職業の1つです。チャートアナリストやトレーダーになりたい場合は、様々な可能性を受け入れておく必要があり、どのような予測にも、確信を持ちすぎてはいけません。速やかに気持ちを切り替え、そして戦略を変えるためにも、オープンに考えておくことは重要です。

この仕事に向かない人というのは、何かを変えたり、自分の間違いを認めたりしたがらない人です。テレビでみかけるプロたちは、残念ながらエゴにあふれていて、考えが間違っていることが市場によってすぐに証明されてしまう、ということに気づいていません。

この職業で大事なのは、謙虚になることです。もしも予想が苦くも不利になったとしても、個人的な感情でうけとめずに、ただ前に進むべきなのです。

通貨制度の不確実性

ここから先、金融システムがどのように進化していくかはわかりません。近い将来に金融危機が起こると予測してきたエコノミストたちは正しいと思います。数年のうちに危機が起こると思います。

2020年の3月の暴落は、誰もが予想していた通り、最大の暴落でした。3月の暴落を受けてマーケットは一旦底に到達しましたが、これは私たちが予測していた、通貨制度の金融危機ではありませんでした。もっと大きな暴落が、先に控えています。

未来は暗号通貨とデジタル通貨

本当に暗号通貨を信じている人たちは、暗号通貨は人類の未来に向けての、一世一代の世代交代を担うものだと考えています。私も同意見です。この交代には根本的な策が必要であり、たとえば法定通貨だけでなく、金、銀、暗号通貨などの、より最先端をいくものに関与していく必要もでてくるでしょう。

Bitcoinの価値がいつかゼロになるという人もいますが、それについては懐疑的です。そんなことは起こらないと思います。可能性がまったくないわけではないのですが、低いです。政府は最終的にはBitcoinを排除するよりも、共存する道をとるはずです。

暗号通貨とデジタル通貨は間違いなく我々の未来でしょう。しかしこれらの通貨が、他のあらゆる通貨を凌ぐほど優れているのかと言われれば、それはわかりません。

Bitcoinが一番優位となるかもしれません。Bitcoinでなかったとしても、少なくともなんらかのデジタル通貨が優位となるでしょう。

20年前に、インターネットとその関連ビジネスが世界を変えたのと同じように、Bitcoinでも今同じ現象が起こっています。このようにしてBitcoinが一世代の文明の変化を巻き起こしているため、私はBitcoinの将来について、強気の見通しをもっています。

インタビュー・編集: Lina Kamada

翻訳: Nen Nishihara

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。