PH

「ブロックチェーンでグローバルなアート収集を可能に」SuperRare CEO ジョン・クレーン氏(全インタビュー記事)

ブロックチェーンを利用したデジタルアートのプラットフォーム、SuperRareのCEOであるジョン・クレーン氏(John Crain)にお話を伺いました。SuperRareは、NFT(非代替性トークン)の仕組みを利用し、デジタルアート作品をEthereum上で発行し流通させるサービスを提供しています。今回のインタビューでは、作品の価格設定や既存のアート作品との関係性などについて語っていただきました。

ジョン・クレーン氏 (SuperRare CEO)

インタビュー日 : 2020年11月11日

ジョン・クレーン氏(全インタビュー記事)

SuperRareのCEOのジョン・クレーン(John Crain)と申します。SuperRareは、Ethereumのブロックチェーンの上につくられた、デジタルアート収集のための世界最高のプラットフォームです。

我々はデジタルアートのアーティストやコレクターたちのために、素晴らしいアートを展示したり収集したりするのに必要なツールを提供することで、アート収集の未来をつくっています。

SuperRare設立のきっかけ

大学時代にジェネレーティブアート(Generative Art)にとても興味がありました。ジェネレイティブアートとは、コンピュータやプログラミング、プロセッサーを使ってアートを作ることです。

数年後にBitcoinとEthereumに出会い、その技術に大変興味を持ちました。私はこの新しいコンセプト、インターネット上でプログラムできるお金であり、インターネット上でプログラムできる価値をもつデジタル通貨という技術が、非常に興味深いと感じました。

私はEthereumに夢中になり、この新しい技術を使って、人々のために、特にアーティストのために、新しく面白いビジネスモデルをつくりたいと思って、その方法を考えるようになりました。

YouTubeやInstagramなどのプラットフォームを見てみると、生み出された価値のほとんどが、プラットフォームの収益になってしまいます。我々は、プラットフォーム上で創造された価値を、もっとユーザーに還元できるようなものをつくりたいと思いました。これがSuperRareの始まりです。

SuperRareのためにEthereumを選んだ理由

実はBitcoinでもプログラミングを試みたのですが、かなり難易度が高かったです。スクリプト言語自体は非常にシンプルなのですが、実際に使用するとなるととても難しいのです。それに比べてEthereumは遥かに柔軟性がありました。

SuperRareをどんなプラットフォームにしたいかを考えた時に、Solidity(Ethereum上で動くスマートコントラクト開発の言語)は、ロイヤリティのプログラムができたり、流通市場でアーティストとやりとりしたりできるという点で、とても魅力的でした。
ほんの少しコーディングをするだけでこのような機能を実現できるのです。これにより強力な構想を実現できるので、より公正で公平なエコシステムをつくることができます。コードのシンプルさ、コーディングのしやすさ、さらには資金や所有権を移転できるというEthereumのもつ強みは、大変魅力的でした。

EthereumとBitcoinの棲み分け

Bitcoinは大変面白いと思いますし、最初に出現してこの界隈全体を形作ったコインです。Bitcoinはデジタルマネーであることに重きを置いていて、その狙いの通り、優れたデジタルマネーとして機能しています。

Ethereumはというと、何に使われているのか、あまり明確に決まっていません。デジタルマネーとして使用する人もいれば、アプリケーションやDapps(分散型アプリケーション)に使用する人もいます。それゆえにEthereumはまだ、何者なのか定まっていないのです。それに比べると、Bitcoinはしばらく前から存在しているので、技術としては比較的成熟しています。

したがって、どのような機能を求めているか、デジタル資産なのか、プラットフォームなのか、といった具合に、ユーザーの求めるものの違いによって、2つコインの異なる用途が近年だんだん明らかになってきました。

SuperRareとアーティスト

SuperRareの申請プロセスは、アーティストにとって非常にオープンなものとなっています。誰でも我々にコンタクトをとり自分の存在をアピールした上で、アーティストとしての自己紹介や、自分の取り組み、作品の紹介をすることができます。

我々のキュレーションチームはSuperRareのスタッフとコミュニティのアーティストで構成されています。このキュレーションチームがアーティストの応募を受け付けています。

今のところ我々のプロセスは人の手作業によって行われているのため、どうしても全てのアーティストが参加することはできません。しかしSuperRareが成熟していくにつれ、より多くのアーティストがプラットフォームを利用するようになるでしょう。

我々のプラットフォームに参加しているアーティストの多くは、デジタルネイティブで、デジタルアートの経験が豊富です。モーショングラフィックスやVR(バーチャルリアリティ)彫刻など、様々な取り組みを行っています。

今までの現代アート市場には彼らの居場所がありませんでした。デジタルアートは、現代アートの中のほんの1分野で、なかなか盛り上がりませんでした。そこで我々はNFT(非代替性トークン)などの技術が、アート収集とデジタルアート鑑賞を流行らせるための強力な触媒になると考えました。

SuperRareを利用するコレクターは、新しく珍しいアートに興味を持っています。SuperRare上で情報収集をするにはいくつか方法がありますが、最も人気なのはアクティビティフィードを利用することです。

これはまるでInstagramのように、SuperRare上の全ての出来事をライブストリームでチェックできる機能です。例えば、新しい入札があるかどうか、アーティストが新しいアート作品を創作したかどうか、といった情報を見ることができます。

プラットフォーム上にどんなアート作品があるかを把握した後は、マーケットプレイスへ行って好きなアートを購入することができます。マーケットプレイスは特定の種類のアートを探して購入するためのツールです。

NFTとアート

NFT(非代替性トークン)とはトークンの規格の一種です。NFTの最大の特徴は、固有のIDをもつ点です。NFTを発行すると、固有のIDが得られます。

固有IDがあると、特定のトークンを、誰がどこで使っているのかを具体的に知ることができます。誰かに送った場合でも、転送されたということを追跡できます。このNFTのもつ固有IDという特徴が、アートの世界にとって魅力的なところです。

NFTはその性質上、アートの来歴を追跡することを可能にします。つまり、誰によって所有されていたのか、いつ創作されたのか、本物かどうか、といった情報を知ることができるのです。これらの情報を確認することで、アートによくある偽物の問題を減らすことができるのです。

SuperRareでは、全てのアーティストが独自のNFTを発行します。コレクターなどSuperRareにアートを探しにくる人たちは、NFTの発行元や発行された日時といった様々な情報を確認することができます。

このシステムの従来と違うところは、アートの出所を明確にできる点です。さらに利用者は、システムの提供するオープンソースのアートに関するデータセットをほぼ無料で使うことができます。

NFTによってアート作品は唯一無二のものになります。NFTはいわば、本物であることの証明書のような存在です。現状、デジタルでない物理的なアートの世界においては、アーティストやコレクターのためにこのような証明書サービスをつくるのはまだかなり難しいです。

アート作品のファイルの全情報を取り込んで署名し、ハッシュを作成し、ブロックチェーン上のトークンに保存すると、NFTが発行されます。 このNFTによる証明書は、誰も偽造したり複製したりできないものです。 この世に1つしかない存在で、1人の人しか所有できないので、デジタルの希少性が生まれます。

アートの価格設定

価格設定はオープンマーケットで行われ、いくつかの方法があります。アーティストがオークションを行うという方法が一般的です。

アーティストが新しいアート作品を制作し、SuperRareのオークションシステムで新作を発表すると、誰でもそれを見ることができるようになり、オークションを始めることができます。別の価格設定方法として、作品にはじめから特定の価格を設定することもできます。

古くなった作品やトークンはどうなるか

興味深い傾向として、トークンは一般的に古くなるにつれて価値が上昇するということを観測しました。全ての作品がそうというわけではないのですが、有名なアーティストの作品に関しては、価格が上がっていきます。

それから、例えば2年前に創作されたアート作品と、昨日創作された作品とでは見られ方が違ってきます。こういった点を考慮すると、この世界にも、物理的なアート収集と通ずる要素が確かにあると思います。

Ethereumとドル、どちらを使用するか

実際の購入メカニズムはEthereumで行われます。 人々はEthereumで支払いをするのですが、コレクターの多くはドルベースで考えています。 コレクターは質問をしたり入札したりできるのですが、購入時の価格などはドルベースで記録されます。

アーティストが作品の価格を掲載する時はEthereumベースです。それを我々がドルだといくらになるか、ドルベースで記録するのですが、実際のトランザクションはEthereumで実行されるという仕組みです。

SuperRareの激動の年

2018年4月に、私を含め3人のメンバーでSuperRareを共同設立しました。その際にEthereumのメインネットワーク上で、最初のバージョンとなるプロジェクトを立ち上げました。

その少し後に4人目のメンバーが加わり、着々と成長してきました。新しくアーティストやコレクターが参加してきたのですが、爆発的な成長とまではいかないもので、ゆっくりとした成長でした。

しかし1年ほど前から、物事が急速に軌道に乗り始めました。 これには何点か異なる要因があったように思います。そのうちの1つは、デジタルアートを収集して自慢のコレクションをつくる人が現れたため、色々なバーチャルプラットフォームが登場してきたことです。

中にはCryptovoxels、Decentraland、Somnium Spaceなど、非常に有名になってきたプラットフォームもあります。この3つのプラットフォームがおそらく人気トップ3だと思います。

アーティストがVRのギャラリーを作っているのを目にして、人々が集まってくるようになり、「すごく熱中できるアートだ」「どこから来ているのだろう」と興味を持ってくれるようになりました。

こうしてSuperRareの成長の大部分はここ1年の間に起こりました。そして我々は現在、600人以上のアーティストと約2000人のコレクターを抱えています。この1年は間違いなく激動の1年でした。

SuperRareでグローバルなアート収集を可能に

SuperRareは現在、世界中で203カ国もの人々に利用されています。アートそのものもアート収集も非常にグローバルなものです。アートは誰もが共感できるものですが、 従来のアート収集には難点がありました。

まず美術館やアートギャラリーの近くに住んでいないと、なかなかアート収集に手が出ません。しかもアーティストは世界中にいます。ラテンアメリカ、東南アジア、北米、ヨーロッパなど、各地域に散らばっています。

地域と言えば、我々のプラットフォームを最初に利用していた大規模なコレクターの1人が、どこを拠点にしていたのかについて、様々な憶測が飛び交っていました。彼のツイッターなどの情報から、おそらくギリシャを拠点にしていたのではないかということが分かりました。

このように、我々はこの素晴らしい空間を通して、本当に幅広いユーザーと接点をもっています。我々はTelegramで、仲間と交流するソーシャルプラットフォームを始めましたが、現在は界隈にいる仲間たちと交流にはDiscordを使用しています。

ブロックチェーン上のデジタルアートの窃盗

SuperRare上でアートがハッキングされたり、ロンダリングされたりしたことはありません。しかし、SuperRareからアート作品を持ち出して、別のデジタルアートプラットフォーム上でNFTトークンを作成されたケースがありました。これは大変腹立たしいことでした。

特に大変な思いでがんばって作品を作ったアーティストにとっては、より一層腹立たしいことです。ものすごく努力して作り上げた作品を、他の人に奪い取られて手柄にされたら、誰だっていい気分ではありません。

我々はこのようなことが起こらないように、他のプラットフォームやマーケットプレイスとパートナーになり、協力し合いました。

不正な作品があれば、ウェブサイトから削除することができます。トークンとオリジナルのアートは紐付けされているので、偽物を見破るのことは非常に簡単です。しかし面白いのは、ブロックチェーン上に作成されたトークンについては、誰にもどうすることもできないということです。

暗号通貨界隈のアート業界で非常に面白いのは、アート業界にいる人はアイデンティティや評判を好み、とても重要視しているという点です。

これはたしかに他の世界にも通じる話ではありますが、アートのコミュニティの場合は特に、アイデンティティと評判という部分がコミュニティの中核となっていて、これがコミュニティを機能させているとものだといっても過言ではありません。したがって、このコミュニティの特徴自体が、大規模な詐欺を抑制している一因となっています。

見知らぬ匿名の誰かが、スクリーンショットを撮ったりアートを盗んだりといったことは起こりえます。しかしそのようにして奪われたGIFファイルに価値はありません。アートプラットフォームと暗号通貨プラットフォームを連携させれば、偽アートを減らすこともできると信じています。

デジタルアーティストとして生計を立てる

みんながみんな、SuperRareでアートを出すことによって暮らせるというわけではないのですが、中にはSuperRareでデジタルアートを販売して生計を立てているアーティストもいます。

SuperRareはアーティストの間で人気になったので、プロのアーティストもたくさん集まってきています。プロのアーティストたちはおそらく、デジタル作品の他に、普段は彫刻や油絵といった作品をギャラリーのために創作しているのだと思います。

しかし2020年はパンデミックで、多くのギャラリーが閉鎖しました。そんな中多くのプロのアーティストたちがSuperRareに転向して、デジタルアートで生計をたてているというのは、なかなか驚きだと思いました。

自分の作品も掲示しているのか

私は個人的に作品を作ってSuperRareに載せたりはしていません。もしも自分のアートをSuperRareに掲載してしまうと、利害の対立があるかもしれないからです。しかしチームメンバーの中には、自分のアート作品をSuperRareに掲載したり、他のアーティストとコラボしたりしている人もいます。

デジタルアートの市場規模や競合について

我々には何社かパートナーがいます。例えばDecentralandです。Decentralandは、NFTマーケットプレイスも持っています。そして我々はEthereum上にスマートコントラクトがあるので、Decentralandと直接統合できます。

パートナーだけではなく、ライバルもいます。例えばMakersplaceというプラットフォームや、デジタルアートに力を入れているNifty gatewaysという会社などが、我々の競合にあたります。

実際には、デジタルアートの業界には想像以上に多くの人が関わっています。また、美術館やギャラリーの近くに住む必要がなくなったという面もあり、人々はアートにより参入しやすくなりました。

市場の規模感でいうと、今のところは1万人ほどだと考えています。しかし今後5年の間に、何百万人もの人がデジタルアートに関わるようになると推測しています。

この業界はインターネットでかなりアクセスしやすくなりましたが、それでも希少価値の部分はまだ維持されていると思います。

アートとBitcoinの共通点

我々はコレクターやアーティストにインタビューをしているのですが、コレクターたちからよく聞くのは「以前から何となくアートに興味をもっていて、アート収集に興味があった。しかしどうやって始めたらいいのかよくわからなかった」ということです。

Bitcoinもこれとなんだか似たようなところがあると思いました。Bitcoinは、今まで金融についてよく知らなかった人たちに、金融について教えてくれました。人々はそれまで、権力者が決める事柄に対してなす術がなく、はじめに何をどうしたらいいのか、分かっていない状態でした。

しかしBitcoinがリリースされると多くの人が「自分にも何かできるかもしれない、何か変えられるかもしれない」と考えるようになったのです。アートもこれと似ているのです。実は参加できるのに、そうする機会がなかっただけなのです。

ロイヤリティをどうするか

過去の50年をみてみると、アーティストのためにより公平なシステムをつくろうとする試みがいくつかありました。

たとえば1970年代フランスでは、アーティストがまだ生きている内にコレクターがアートを転売した場合、売却額のいくらかをアーティストに支払わなければならないと義務づける法律が制定されました。ただこの法律は実行がとても困難だったため、実際には普及しませんでした。

しかし我々はここから着想を得て、このアイデアをプラットフォームの中に組み込みました。システム内でアーティストが生きている限り、作品が転売されるたびに作動する自動の機能をつけたのです。

様々なロイヤリティのシステムをみてみると面白いです。たとえばSportifyのシステムは受け取りを待つ期間が長く、アーティストがロイヤリティを受け取るまで半年かかることもあります。

その点Ethereumモデルのブロックチェーンシステムでは、短期間内に自動的にロイヤリティが発生します。

ソーシャル・コレクティングとは 

ソーシャル・コレクティングという言葉の背景には、アートは友達と一緒に楽しんだ方がより楽しい、という前提があります。我々が最初に目指したのも、アーティストやコレクターのためとなる楽しく魅力的な体験づくりです。

我々には、楽しいオンラインコミュニティ、そして皆で楽しめる交流の場がありました。これらを参考にして、コレクターやアーティストがオンラインでSuperRareを通じて交流できる場を作りたいと考えたのです。

ゲーム業界に接近するアート業界

アートとゲームのちょうど間くらいに、面白い領域ができはじめていると思います。現代アートも伝統的なアートも、業界としてはすでに落ち着いてきているため、動きもゆっくりです。

しかしそんな中人々はDiscordを使って交流しはじめました。するとアートの世界とゲームの世界の端部分が、少しずつまとまりはじめたのです。

今ではゲームとアート、両者の世界の要素や特徴が色々と混ざり合ってきています。そしてこの工程はまるで、新しいものを作り上げているようです。

例えば我々は、VRアートショーを何度か開催しました。アーティストがVR彫刻を制作して、Unityといったツールを使いVRショーをするのです。Unityというのは、アートを鑑賞のための世界をつくれるゲームツールの一種です。

これはビデオゲームとかではなく、VRでコインを集めるわけでもないのですが、VRアート体験で使われたツールはすべてゲーム業界から来ています。ゲーム業界のツールを使うと、たとえばVRヘッドセットをつけてVRギャラリーに入り、彫刻を鑑賞したりすることができます。

近い将来、こういったVRツアーをグループで行うようになるかもしれません。チャットも活用すれば、絵を見ながらのライブチャットなんかもできるかもしれません。

アーティストが自分の作品について話し、それを録音することもできます。そうすると、アートのVR世界に入り作品に近づけばアーティストの音声が流れて作品について教えてくれる、なんてことも実現できます。

こういった体験はまるで、美術館体験とビデオゲームのストーリー体験を織り交ぜて、新しいジャンルを作っているようです。

パンデミック後のアート業界

いずれはパンデミック前のように、人々が実際のギャラリーや展覧会に足を運び、またリアルな生活の中で交流をしていくようになると思います。とはいえ、パンデミックのおかげで、アートは少しずつ前進していると思います。

アーティストがビデオゲームを作ったり、その他のデジタルアートを作ったりということはこれまでもたくさんありました。しかしそれでもどうしても、ゲームの世界とアートの世界の間には超えられない大きな境界線があります。

パンデミックの後のアート業界においては、個展やギャラリーでの従来の展示方法をまた戻しつつも、超えられなかった境界線が少しずつ曖昧になっていくのを期待したいです。

SuperRareの向かう先

我々は、アートを定義する境界線を押し広げ続けたいと思っています。

ビデオ、オーディオ、バーチャルリアリティ、ゲームなどなど、今でもアートの種類は非常に様々です。そしてこれから先は、本当に面白いミックスメディアが出てくると思います。

だからこそ我々は、アートを作れるというだけではなく、体験できるプラットフォームでありたいと思います。これこそ我々が前へ進める分野だと思っています。

インタビュー・編集: Lina Kamada

翻訳: Nen Nishihara

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。