PH

「人気ポッドキャスト:What Bitcoin Did」ピーター・マコーマック氏にインタビュー(全インタビュー記事)

クリプト界隈で人気を集めるイギリス出身のポッドキャスター、ピーター・マコーマック氏(Peter McCormack)にインタビューさせていただきました。マコーマック氏は、自身のポッドキャスト「What Bitcoin Did」で、Bitcoinに関連する様々な問題について発信しています。今回は、ポッドキャスターになるまでの経緯や、Bitcoinのもつ可能性についてインタビューしました。是非、ご覧ください。

ピーター・マコーマック氏

インタビュー日 : 2020年9月28日

ピーター・マコーマック氏 インタビュー

私はイギリス出身のPeter McCormackと申します。ロンドンの北にあるベッドフォードという、「誰もいない町」と言われる不思議なところから来ました。ケンブリッジからもまあまあ近いです。

ビットコインとの出会いは?

私は6年前にBitcoinの存在を偶然知りました。周囲から聞いたことはあったし、実は少しだけ売買もしていたのですが、よくわかっていませんでした。

当時は、ロンドンの広告業界で働いていました。学生の頃からずっと働き続けていたため、自分の為の自由な時間が欲しくて、1年ほど休職し、その期間中にBitcoinと再度出会い、真剣に取り組むようになりました。

私はポッドキャスターでありながら、2人の子供を持つシングルファーザーでもあり、ほとんどの時間は子育てをしています。学校の送り迎えをして、お昼ご飯を準備して、学校用の服にアイロンをかけたりしています。

私と子供たちはリヴァプールFCの大ファンで、よく3人でサッカー観戦をします。あとこれは他人からあまり理解されないのですが、私は叫び声のようなヘビーメタルが好きです。

ポッドキャスターになろうと思ったきっかけは何ですか?

2017年の年末頃、トレーディングは自分に向いてないなと気づきました。トレーディングはクールで楽しくて刺激的ですが、何年もそれをやっている自分を想像できませんでした。何か他のことをしなければと思っていました。

Bitcoinについての記事を書いたり、フェイスブックに投稿をしたりしていましたが、大成功を収めているポッドキャスターの友人がいて、彼のライフスタイルとかやっていることとかをみて、とてもかっこいいなと思ったんです。自分もやってみたいと思うようになりました。

アメリカのロサンゼルスにいた時、彼に会いに行きました。彼はポッドキャストの運営方法やコンテンツの作り方を教えてくれました。必要な機材も教えてくれました。

それから、彼はBitcoinや暗号通貨の世界で有名なトレーダーであるLuke Martinに電話をしてくれて私とインタビューをしてくれないかと尋ねてくれました。それが私の最初のポッドキャストになりました。それから3年後の今、ポッドキャストも含めると、300回以上の色々な番組をやりました。

What Bitcoin Didのポッドキャストのメインテーマは何ですか?

このポッドキャストのメインテーマは、私自身が日々葛藤しているような問題です。なので、Bitcoinに限った話ではなく、Bitcoinと、それに関連したトピックを取り上げています。

主に政治や経済といった、不平等な問題について議論しています。他の人のためというよりは、常に私自身が本当に気になっている話題についてのポッドキャストです。興味深いトピックを見つけたらそれについて取り上げます。

時々、ツイッターで論争が繰り広げられているのを見ますが、皆自分の戦っているものについて、お互いに声をあげています。論争されているトピックの中には、本当に大切でもっと議論されるべき話題があります。

このように、もっと議論されるべきだと考えた話題について番組を作ったりしますが、ほとんどの場合は、自分が気になっている話題を取り上げます。 

アメリカの政治についてどうお考えですか?

アメリカの政治は面白く、大変興味深いです。昔からアメリカに憧れていて、私が最も旅をした国でもあります。子供の頃、アメリカのショーを見て、「わぁ、ディズニーランド、ハンバーガー、グランドキャニオンだ!」などと思ったものでした。

とても大きくて魅力的な国だと思っていましが、23、24歳になるまでは一度も行ったことがありませんでした。最近では年に1、2回は行くようになりました。 

アメリカはいろんな意味で世界をリードしている国です。世界中の色々なことを管理しているという意味でもそうです。他にも超大国はあるものの、私がいつも惹かれるのはアメリカです。

政治に関しては、本当に好きな部分と嫌いな部分が、両方たくさんあります。例えばアメリカの憲法が大好きです。憲法はアメリカを支えている素晴らしい岩盤だと思います。しかし憲法は常に権力者による攻撃を受けています。現政権からの攻撃を受けているのは確かだと思います。

アメリカの二大政党制についてどう思いますか?

二大政党制は、これまでの展開を見ればわかるように、深い欠陥があると思いますが、アメリカの二大政党制を見るのはとても楽しいです。

インターネットが発展して、私たちは24時間いつでもニュースが見れるとはどういうことか経験してきました。SNSがあって、誰でもメディアコンテンツを作れて、ツイッターやフェイスブック上で論争を巻き起こすことができます。

このような社会の発展が、政治にも影響を与えていることを目の当たりにしていますが、これが果たして良いことなのか悪いことなのかは分かりません。様々な声を巻込むことができるようになったので、いい影響だと思う一方で、あらゆる声が対立し、戦って勝つことが目的となってしまったため、政治の状況はかなり悪くなったようにも思います。 

政治においては、政党が分かれていても、意見が違っていても、最終的にはリーダーが国民を団結させるべきだと私は信じています。今のアメリカの政治は本当に分断されていると思いますが、この分断された状況が、アメリカを二つの強固な陣営に分けているように感じます。 

この問題は昔から存在しているので「昔からそうだった」と言う人もいるでしょうが、今はかなり厄介になってきてしまっているように感じます。

Bitcoinでアメリカの政治を改善できると思いますか?

「Bitcoinですべてが解決する」と言う人もいますが果たしてBitcoinで人間性が改善できるかどうかは分かりません。Bitcoinで一体何ができるのかということを考えるためには、まずBitcoinに十分なお金が集まっている状態を達成しなければいけません。

Bitcoinで循環する経済環境をつくりだせれば、なんらかの方法で、政治を変化をもたらすことができる可能性もあります。ぜひみてみたいですが可能性は低そうです。 

Bitcoinにできることはどんなことでしょうか?

Bitcoinは価値観や思考様式を変えることができます。私はBitcoinのおかげで根本的に変わりました。例えば、私はイギリスの二大政党制を信じていないので、もう投票しません。

もしも投票するとしたら、完全なリバタリアン社会という考えは難しいとは思いながらも、リバタリアンに投票します。もし我々がBitcoinを通してお金、権力、政治、経済といった事柄についてもう一度考えることができれば、良い影響になるかもしれません。

どのような政治的イデオロギーを信じていますか?

すべてのものが分散化されるべきだと主張する人もいますが、私はそれはどうかなという考えです。ものによっては中央集権化されている方がうまういくこともあると思います。

広告会社を経営していた時は、リーダーシップは絶対に必要なものであり、自分の意見を述べるチームワーカーが絶対に必要だったと思います。ところが分散化された空間では、こういったビジネスはうまくいきません。

我々は意思決定者を必要としていますが、では君主制がいいかというと、非常に微妙な領域の話になってきます。問題は選挙で選ばれた人が誰かいう点です。

英国の君主制は実質的な権力を持っていません。しかし中央集権的な権力が存在する場合、その権力の決定は果たして「民主的」なのか「権威主義的」なのかを定義しなければなりません。

イギリスでは、議会員の半数以上は権威主義的な原理のもとに行動しています。中央集権か非中央集権、どちらがいいのか議論の余地があると思います。

中央集権と地方集権、どちらがうまくいくのでしょうか?

よく機能するだろうと確信しているのは、「ローカリズム(地域主義)」です。より小さく分けられた権力が小さなグループを支配することで、よりよい社会構造をつくることができると思います。

スケーリングに関する論争で学んだこと

2017年に起きたスケーリングに関する論争は大きな物議を醸し、しかもそれは長い間続きました。論争はブロックサイズを拡大すべきかどうかという内容でした。

今振り返ってみると大変面白い論争で、当時よりもずっとよく内容を理解できます。当時はどちら側を選べばいいのか分からなくて、適当に片方の立場につきました。

幸いなことに、私が選んだ側は結果的に正しい立場でした。しかし、間違った立場を選んでしまっていた可能性もあります。何しろ賛否両論の飛び交う話題でしたので、何も確かなことは言えません。

こういった話題は、経済学や技術に関する本当に複雑な事柄を含むので、特にBitcoinを初めて知ったような人にとっては、よく理解するというのは困難の極みです。

堅実で安定した考えをもっていない場合は、Bitcoinは時としてかなり残酷で、難しい存在となってしまう可能性があるのです。

Bitcoinの伝統的な着想に対してかなり挑戦的な論も、現在登場してきています。しかし私が経験した中で一番荒れた議論は、やはり何と言ってもスケーリングに関する論争です。

おかげで今は、小さいブロックが重要だということもよく理解できています。
そしてもっと大切なのは、ハードフォークとは何かということと、その恐ろしさについても理解できているということです。

カラフルなBitcoin界隈

この界隈には私のように、自分の信念に対してオープンで率直な人がたくさんいると思います。私が言ったことの多くも、正直なところ、他の人から学んだことです。

界隈にはぶっきらぼうな人も多いと思いますし、柔らかい人もいれば、左翼的な人もいるし、右翼的な人もいるかもしれません。Bitcoin界隈には色々なタイプの人がいるからこそ、こんなにもカラフルなのです。

トークンスワップとDeFiについて

トークンスワップに関しては、ナンセンスだというのが私の主な感想です。スワップのプラットフォームを使ったこともなければ、ファーミングに興味もありません。

DeFi全般に関して思っているのは、ゲームみたいなものだということです。カジノのようなもので、入場しできるだけ多くのお金を稼いで退場する、そういうものだと思っています。DeFiを見ていると、あくまで実験的なものであり、どれも長期的な価値があるとは思えないのです。

それに対してBitcoinは有益なもので、その価値の上昇は続きます。Bitcoinはまさにお金の過渡期です。我々はBitcoinを通してお金の性質の変化をみることができるのです。私はBitcoinに信頼を置いているからこそ、自分の財産をそこに貯蓄しています。

ゴールドとゴールドトークン

ゴールドにはそれほど興味がないのであまり詳しくはありません。もしもゴールドを買うとしたら現物を買います。選択肢があるのであれば、現物所有の一択です。

ゴールドに相当するというトークンを買うくらいなら、むしろBitcoinを買います。少なくと自分の買ったBitcoinに対しては主権をもつことができるからです。私はBitcoinを安全に管理することはできますが、ゴールドのトークンはできません。

ゴールドのトークンというのはただの「約束」であり、ゴールドそのものではありません。よく研究したというわけではないのですが、あまり面白いとも思わないので、たぶんそういったトークンは買わないと思います。

罰せられないフィンセン文書事件

銀行がマネーロンダリングなどに関与していることは以前から知っていました。昔からのことなので、事件について知った時も特にショックはありませんでした。本当に残念だと思うのは、この事件が起訴されないのではないかということです。

もっと低いレベルの犯罪はしょっちゅう起訴されていますし、処罰も与えられます。例えばマスクをしていなかったとか、スピード違反や駐車違反をしたとかで、罰せられることもあります。

こうして我々はいつも罰せられているわけですが、今回のように、銀行の関わっているマネーロンダリングのような大規模な犯罪では誰も罰せられないようです。

だからこそ、我々とは違う種類の人たちがいるのではないか、と思うようになりました。言ってみれば、エリートに所属していてその恩恵をうけている人とそうでない人、といった感じです。結局この事件もまた数多くの事件のようにうやむやにされて、忘れられてしまうのではないかと思っています。

イギリスのEU離脱について

イギリスのEU離脱については非常に複雑な気分です。一方では、離脱というのはひどい選択だったと思う気持ちがあります。ヨーロッパ全体の人々が一丸となって協力すれば、皆にとってより生きやすい社会をつくることができると思うからです。

しかし他方では、EUは巨大な社会主義的ユートピア国家のようなもので、何の利益もないのにコストばかりかかる、非常に非効率的なものだと思う気持ちもあります。

私は中道派なので、幸いにも中立的な立場から、物事の両方の側面を見ようします。公平で客観的な視点から物事をみると、たいていの場合は、双方とも正論を言っている部分があることが分かります。だからこそ、あまり強く意見を言えなくなります。

ベネズエラ訪問

番組内のあるエピソード内でベネズエラの話をしたんですが、ベネズエラの法律に関して気になることがあって、行って自分の目で見てみたかったのです。ベネズエラというのは、Bitcoin関連の話をする時によく話題にでてくる場所でもあります。

そこで、一度訪れるすべき場所なのかもしれないと思いました。実際に行ってよかったと思っています。

ベネズエラへ行ってみて目から鱗でした。失敗した国とはどういう状態なのか、失敗した国に住むとはどういうことなのかということを知ることができました。このような国に住んだことがなくて、自分は本当に恵まれていたのだと身をもって実感することができました。

パンデミックと2021年

これからどうなっていくかについて一概には言うのは難しいと思います。というのも、新型コロナウィルスは世界経済に重大な影響を及ぼしているからです。これほどの影響をすべて、今の経済が飲み込んで受け入れてしまうということはありません。2021年は多くの人にとって、非常に厳しい年になると思います。

ロックダウンや自粛が続くコロナ禍の生活に折り合いをつけようとすると、大部分の経済活動において根本的に変化が必要になります。生のスポーツ観戦にしろ、どんな形のエンターテイメントにしろ、もう従来と同じように行うわけにはいきません。

私は外食や外飲みも好きなのですが、今後は誰もが家で食事をする機会が増えると思います。これにより外食産業は規模が縮小し、インフレーションに陥り、サービスはより高価になってしまうでしょう。

これらの影響は経済に大規模な変化をもたらします。経済破綻という形の変化かどうかは分かりませんが、これから長く深刻な不況が続くことは間違いないと思います。

仕事と家庭と趣味

コンテンツ制作をしていない時は父親です。16歳の女の子と10歳の男の子の世話をしています。仕事が終わったら迎えに行き、夕食の準備をこなし、寝る準備をして、などなどと大変時間がかかります。

子育てが私の時間の大半を占めていますが、それ以外の時間はジムへ行くのが好きです。それから音楽が好きなので、音楽と仕事をクロスオーバーさせて、両立できるようにしたいと思っています。

ポッドキャスト番組「Definance」

何か違うことをしてみたいと思い、「Definance」というポッドキャスト番組をつくりました。Bitcoinは本当に楽しいのですが、私は創造的なことがしたいという思いがあり、他の話題や興味のある分野も探求してみたいと思っていました。

そこで「Definance」は、他の分野における創造的なアイデアについて議論することを目的としています。「Definance」という名前もこのような思いからつけました。「What Bitcoin Did」の姉妹番組的な立ち位置の番組の予定でしたが、今ではそれを超えて進化しています。 

今後の活動について

Bitcoinに関しては現在の取り組みを継続し、関連性のある話題であれば何でも取り組んでいくつもりです。

ポッドキャストでは、Ghislaine Maxwellにもインタビューしました。彼女はジェフリー・エプスティーンのパートナーで、大変興味深い人物です。彼女の経歴や、有罪判決を受けた米国金融業者との関係なども語っています。

トランプ大統領についてのシリーズもあります。彼は独裁的な傾向があるかどうか、彼の行為は憲法にとってどのような意味合いをもつのか、といった問いについて考えていくシリーズとなっています。

このように、現在取り組んでいることはいくつかあるのですが、豊富な種類の話題に幅広く取り組んでいて、面白い話が絶ません。

ポッドキャストのプラットフォームについて

プラットフォームの好みは人それぞれです。私にとってはAppleが一番ですが、YouTubeもかなり規模が大きいです。YouTubeで音声を聴くのはとても楽しく、私にとってプラットフォームとして大きな存在になってきました。

私はAppleでポッドキャストを聴く派ですが、Spotify派の人もいれば、Soundcloud派の人もいるかもしれません。リスナーが好きなものを選べるように、すべてのプラットフォームにポッドキャストを配信するようにしています。それはとても簡単なことです。

インスピレーションを与えてくれた人々

私が一番最初にインスピレーションを受けたのは、界隈の人ではなく外の人です。その人とは私の友人であり、私がポッドキャストをはじめるきっかけとなった人です。

彼のライフスタイルを見ていて、自分も彼のように人々に声をとどける生活がしたい、その能力がほしい、と思ったのです。自分も仕事で世界中を旅できるようになりたいと思いました。

彼には本当に刺激を受けました。彼のやっていることあらゆることを見て、そしてそのすべてを真似しようとしました。

暗号通貨界隈ではMatthew Dellのような、核となる原則や考え方を持った人を尊敬しています。彼は核となる信条をもっていて、それを貫ける人でした。これはとても重要な資質です。

また、Adam Backのような人にも刺激を受けています。彼はBitcoinに始まり以前から関わっていて、ハッシュキャッシュとプルーフ・オブ・ワークを発明た人です。彼を非常に尊敬しています。

インタビュー・編集: Lina Kamada

翻訳: Nen Nishihara

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。