「ゲームで広がるLightningの可能性」Lightning Labs デシレー・ディッカーソン氏 ①

Bitcoin、Lightning Networkの開発を行う企業Lightning LabsでビジネスオペレーションのVPを務めるデシレー・ディッカーソン氏(Desiree Dickerson)にインタビューさせていただきました。インタビューでは、Lightning Networkの現状やDogecoinとの出会いについて話していただきました。是非、ご覧ください。

デシレー・ディッカーソン氏

インタビュー日 : 2020年6月25日

日本や他のアジアのコミュニティと繋がりを持つことは、私達にとって非常に重要なことなので、今回インタビューの依頼をもらったときは、非常に嬉しく感じました。アジアのマーケットでも、BitcoinやLightning Networkに対する関心があることは知っていました。少し難しくなるのは言語の壁ですが、コミュニティが成長する上でそれが妨げになるとは考えていません。

DoigecoinからBitcoinへ

元々、私は大学院で科学を専攻していていました。当時は、あまり友達が多くなかったこともあり、インターネットに多くの時間を費やしていました。SNSのRedditをずっと見ていて、そこでDogecoinのコミュニティに出会いました。

Dogecoinコミュニティは、私にとって最初の暗号通貨界隈への入り口でした。ニュースやネットでは、Bitcoinや暗号通貨について聞いたことがありましたが、そこから入ろうとは思いませんでした。

Dogecoinは、全体のプロジェクトがコミュニティを中心に動いているので、とても楽しい場所です。彼らは、モータースポーツのNASCARや総合格闘技(MMA)などのスポンサーにもなっています。

それが非常に力強く影響力があるものだと気付き、これがきっかけとなりBitcoinの世界にもシフトしていきました。そこで、Bitcoinが物事のやり方を大きく変える力を持っていると理解しました。

Lightning Labsの取り組み

Lightning Network(ライトニングネットワーク)の目的は、Bitcoinをより速く簡単に、そしてより安価に使用できるようにすることです。そして、私達Lightning Labsの役割は、Bitcoinが機能するためのインフラとレールを構築することです。
 
Lightning Labsは、次の大きなキラーアプリを作ろうとしているのではなく、そのキラーアプリを作るためのインフラを構築しています。私達が作っているのは、Lightningアプリに必要なインテルのCPUのようなもので、キラーアプリとなる全てのLightningアプリを動かすことを目指しています。

Lightningを簡単な送金方法に

誰しも様々な課題を抱えていますが、私達にとって解決すべき最も重要な課題の1つは、ユーザビリティとアクセスのしやすさです。これまで、Lightningは非常に技術的でエンジニアが扱うものでした。しかし、このテクノロジーは私から祖母まで全ての人が扱えるようになるべきで、それは難しくないと思っています。

現在のLightningは少し複雑で、Bitcoinウォレットを用意した後にBitcoinを入手し、Lightningウォレットを準備してから、そこにBitcoinを送金するという作業が必要となります。

それは、大部分の人にとっては困難なことなので、ユーザビリティについて考える必要があります。私にとっては、ノンカストディアル(非管理的)なソリューションが理想であり、これが仲介者を取り除けるBitcoinに興味を持つようになった大きな理由です。

このテクノロジーの重要な側面ですが、結局のところ、多くの人が自分の秘密鍵を保管するための技術的な知識を持っていない、或いはあまり気にしていないので、それぞれの人に合ったテクノロジーの開発に取り組む必要があると思います。

最終的な目標はノンカストディアルのソリューションですが、一方でより多くの人々に参入してもらう必要があります。それがカストディアルかどうかに関わらず、その方法を考えていく必要があります。BreezやStrikeのように、多くのウォレットやアプリが大きく進化しています。また、ZEBEDEEがゲーム用のウォレットを発売したように、ゲームを通してLightningの世界に新しく入って来る人も増加しています。

送金の考え方を変える

ウォレットを新しいユーザーに広げていくことも課題です。どのように興味を持たせて参加してもらうかを考える必要があります。例えば、人々がクレジットカードを使用する前は、現金と小切手しかありませんでした。この伝統的な資産の移転方法から、完全にバーチャルな方法へと人々の考えをどのように変えていけば良いか。

最近、私が住むビルの管理人からBitcoinについて聞かれ、彼はBitcoinが完全にバーチャルであることに関して否定的な考えを持っていました。毎日、請求書の支払いをしたり、Amazonで何かを買う時などに、実際にそのお金を目にしているのかと私が尋ねてみると、彼の返事はノーでした。なぜ法定通貨の場合はデジタルであっても問題なく、Bitcoinとなると物理的であるかが気になってしまうのか。

これも、私達が取り組むべき課題の一つですが、有り難いことに最近では、今までよりも少し理解されてきているようです。完全な初心者から技術者に至るまで、全てのレベルの人に対して語りかけ、より良い教育を行っていく必要があります。ビジネスとマーケティングの観点からは、どのようにおもしろくできるか、簡単に参加できるようにするかということが、個人的には重要視している部分です。

Lightning NetworkはHTTP

オンチェーン(On-chain)とは、全てのトランザクションが記録される「事実」のレイヤーであり、Lightning Networkは、それをより効率的に行うための2番目のレイヤーです。Lightning Networkは、BitcoinというTCP / IPプロトコルに対するHTTPのようなものです。

Lightning Networkは、Bitcoinの上にある巨大なスパイダーウェブまたはペイメントチャネルのネットワークであり、全てのチャネルがこのネットワークを介して他のチャネルと接続することができます。

まず、ペイメントチャネルを開き、資金をオフチェーンでLightningネットワークに送金します。その後、非常に低い手数料で、ネットワークの誰に対してもBitcoinを即座に送金できます。この送金はチャネルの残高を更新するだけで完了します。Bitcoinのブロックチェーンにブロードキャストし、各トランザクションが実行されるのを待つ必要はありません。最後に、ペイメントチャネルを閉じて、残高をLightningのホットウォレットからオフチェーンのウォレット、或いはBitcoinのコールドウォレットに移動することができます。

Lightningの可能性が生かせる場所

抑圧的な政府体制下で、ハイパーインフレが起こっているような場所では、Lightning NetworkやBitcoinに対して多くの関心があると思います。Bitcoinが、ベネズエラの人々にどれほどの影響を与えたかを見れば、Bitcoinが持つ可能性を知ることができます。人道的な活動に取り組んでいる人も多く、影響力も大きくなっています。

また、多くの新しいLightningの活用方法が生まれてきています。例えば、「Stak」と呼ばれるメカニカル・タークのようなサイトがあり、そこでマイクロタスクを実行するとSatoshiを受け取ることができます。 Lightningは、お金を稼いで、自分の銀行を持てる新しい方法を生み出しています。

楽しい活用事例もあり、私のお気に入りはLightning対応のゲームです。いくつかの企業が、LightningとBitcoinのゲーム開発を行っていて、Zebedee、ThndrGames、Donner Lab、Satoshi’s Gamesなどがあります。また、新しく生まれたゲームやテクノロジーを披露し、テストを行うための「MintGox」というプラットフォームもあります。

次回のインタビュー記事では、SNSとLightning技術の統合について解説していただきます。是非、ご覧下さい。

インタビュー・編集: Lina Kamada

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。