「ゴールドは没収可能でありBitcoinは没収不可能な資産」トーン・ベイズ氏 インタビュー ①

JPモルガンの元アナリストであり、ビットコイン・マキシマリストとしても知られる著名トレーダーのトーン・ベイズ氏(Tone Vays)にインタビューさせていただきました。第1回のインタビュー記事では、ウォール街からBitcoinの世界へ入ったきっかけや、Bitcoinが持つ魅力などについてお話ししていただきました。

トーン・ベイズ氏

インタビュー日 : 2020年7月14日

私の名前は、トーン・ベイズです。暗号通貨の世界には6年以上います。それ以前は、ウォール街で約10年間、主にリスクモデル構築の仕事をしていました。トレーダーとしての経験も長く、2000年代初頭からトレードを開始してから現在まで取引を続けています。

カンファレンスでBitcoinについての話をするために世界中を移動することが多く、自分でもカンファレンスを主催したりしているので、今は積極的にトレードを行う時間があまりありません。

Tone Vays

自分のYoutubeチャンネルも持っていて、ウェビナーやマスタークラスなどでもトレードに関する講習を行っています。TwitterYoutubeInstagram、Googleなどで「Tone Vays」と検索するか、tonevays.comにアクセスすれば私の情報を見ることができます。

生活のためにウォール街の世界へ

ウォール街の世界へと入ったのは、暗号通貨の世界にやって来る10年前でした。ウォール街に入った理由はBitcoinとは違い、正直に言ってしまえばお金のためでした。

私は、大学で学位を取得した後、高校教師をしていましたが、教師の仕事が嫌いでした。給料もあまり良くなかったので、何か違うことをしたいと思っていました。その一方で、大学の頃の友人の多くは、2000年代の初めから金融の世界で働いていて、彼らはその仕事に非常に満足していました。

それが理由で、私も金融工学の修士号を取得し、ベアー・スターンズという会社に就職することとなりました。数年後、この会社は金融危機によって倒産してしまいましたが、ウォール街で新しい仕事を見つけるのはそれほど難しくありませんでした。

没収不可能なBitcoinとの出会い

暗号通貨の世界へ入ったのは、仕事を辞めてフルタイムのトレーダーとしてキャリアを始めた頃と同時期でした。ウォール街で働いていた時はパートタイムのトレーダーでしかなかったので、ずっとフルタイムのトレーダーになりたいと思っていました。同時に暗号通貨の世界も楽しみながら見ていました。

Bitcoinについて聞いたのはこの界隈に入る2年前でしたが、そこから強い衝撃を受けたのは、キプロス危機で銀行による資産没収が起こってからです。キプロスの人々は数千ユーロを超える銀行預金を失ったので、私も本当に恐怖を感じ、銀行にある自分の預金にも同じことが起こり得るだろうと考えました。

この出来事がきっかけで、Bitcoinこそが没収不可能な(Unconfiscatable)初めての資産であると認識し、その部分に惹き付けられました。暗号通貨については2013年から注目してきましたが、Bitcoinに関する記事を書き始めたのは、2015年の初めに仕事を辞めてからでした。

自分が書いた記事のおかげで、Bitcoinについてのインタビューを受けたり講演なども行うようになりました。現在は状況が逆転し、私はパートタイムのトレーダーとなり、フルタイムのBitcoinエバンジェリストとなりました。

ゴールドも没収可能

現在は、没収不可能な資産はBitcoin以外に存在しません。大昔前は、ゴールド(金)をどこかに隠すことが可能であり、それを所有していることが誰にも知られることはなかったので、ゴールドも没収不可能な資産でした。

今日になってもゴールドを隠すことが可能であると考えている人がいますが、金属探知機の発明のような現代のテクノロジーを使えば、それは不可能となります。裏庭に自分のゴールドを埋めたとしても、掘り起こして物理的な場所を特定することなく、それらを発見することが可能となっています。さらに、自分のゴールドをどこかに預けたとしても、それは押収されてしまう可能性があります。

ゴールドを持って移動するのも大きな問題です。昔は、ゴールドをバッグに入れてボディーガードを雇い、別の国に行くことができました。今日は、ゴールドをある場所から別の場所に移動させることは非常に困難となっています。

車を運転してある国から別の国へと移動させる事は確かに可能ですが、飛行機の場合は金属探知機とX線によって発見されてしまいます。したがって、資産価値を守る選択肢は、実際には多くないのです。しかし、Bitcoinは自分の脳内にも保管することができるので、非常に素晴らしいものです。

サトシは裕福な人だったか

Bitcoinの最も重要な特性については、あまり理解がなされていません。これまでの歴史を見ると、ある国が別の国を侵略したり、政府が自国通貨の平価を切り下げたり、増税を行うことなどが常に行われてきました。それは全て「没収」の歴史であり、今日でさえ共産主義者が支配し、富が悪者扱いを受けています。

大部分のイノベーションは、イノベーティブな個人から生まれます。何かを発明しようとすることは誰にでも可能ですが、その発明をマーケットに広めていくには、一定の財力と手段がなければ非常に困難です。

Bitcoinを発明したサトシが裕福だったかどうかはわかりませんが、何年もの間Bitcoinの開発に取り組む余裕は明らかにあったことでしょう。もしも、非常に貧しくて生活のために働かなければならないのなら、いつ時間を見つけてその発明に取り組むことができたのでしょうか。このようなことを考えれば、既にどれほど大きな貧富と社会階級の格差が存在しているかがわかるでしょう。

現在、トップレベルのイノベーターの1人であるイーロン・マスクを見ると、彼がどれほど裕福な人物であったかがすぐにわかります。彼は以前に設立した2つの会社に続き、現在はテスラを運営しています。最高のイノベーターは、ある程度の財力を持つ人々であり、それにより皆をより豊かにする素晴らしい発明ができるのだと、私は考えています。

もしも、長年働いて貯めた預金を守ることができないのであれば、大多数の人にとって絶望的な状況となってしまいます。多くのお金を貯蓄し、何かを発明するための多くのリソースと時間がある状況を想像してみて下さい。そのような状況において、大きな銃を持つ何者かによってそれが奪われてしまったらどうなるでしょうか。

個人とコミュニティの発展に対しては壊滅的な影響が出るでしょう。Bitcoinが非常に重要であり、私が「Unconfiscatable:没収不可能」という名前のカンファレンスも企画している理由は、このような点にあります。

金銭的理由よりもイデオロギー

私にとって、Bitcoinは単なる投資ではありません。最初にBitcoinを購入したとき、確実に価格は上昇するだろうと感じていましたが、金銭的な理由よりもイデオロギー的な理由にもっと興味をそそられました。投資よりももっと重要なのは、Bitcoinが象徴するものを支持したいという点です。

残念ながら、暗号通貨界隈にいる投資家の人達には大きな問題があり、Bitcoinが生まれてから、皆が自分のお金を発行しようと試みてきました。私から見る限り、他のアルトコインやプロジェクトは根本的に不確かなものである思います。

それらのコインを購入する唯一の理由が、そのプロダクトに対して使用するためではなく、ただ金持ちになろうとするためなのです。少数の人達は金持ちになりますが、これらの通貨が1つずつ崩壊するときに大多数の人は損をしてしまいます。

毎年、多くのコインが消滅し、そして新しいコインが上位に上がってきますが、その新しいコインでさえ数年後には消滅してしまうでしょう。私は、Bitcoin以外の通貨が今から10年後に存在するとは考えていません。新しい通貨もいくつかありますが、それら全ての価値はゼロに向かっていると思います。

現在、この世界に入って来る人達は、それぞれに異なる期待を抱いているかもしれません。しかし、この世界に入る理由が金持ちになることであるのなら、非常にがっかりしてしまうでしょう。

私が勧めるBitcoinでも他の暗号通貨でも同じことですが、間違ったタイミングで購入して価格が上昇しないことに不満を感じたり、お金持ちになると約束されて購入する人が存在しています。現実的に見て、私はBitcoinの価格が上昇していくと期待していますが、この世界での戦いはそれほど簡単なものではないと考えています。

次回のインタビュー記事では、これまで最も印象深かった年とその出来事について解説していただきます。是非、ご覧ください。

インタビュー・編集: Lina Kamada

    

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。