PH

「DJから暗号通貨トレードの世界へ」人気ポッドキャスターのスコット・メルカー氏にインタビュー ①

人気ポッドキャスター、スコット・メルカー氏(Scott Melker)のインタビューです。メルカー氏は、トレーディングをはじめて暗号通貨業界に入るまではDJや演奏者として数々のステージで活動してきました。今回のインタビューでは、音楽活動やトレーディング、ポッドキャスト番組のコンセプトなどについてお伺いしました。

スコット・メルカー氏

インタビュー日 : 2020年9月30日

日本との関わり

私はスコット・メルカーと申しますが、ツイッター上では “The Wolf Of All Streets”という名前で知られています。この名前は冗談で使い始めたのものなですが、皆さんの間で定着してしまったので、そのままにしています。

私は人生の中でもかなり長い期間、トレーディングと金融市場に興味を持ってきました。またDJやミュージシャンとしてのキャリアを通して、日本で長く過ごしてきた経験があります。

日本で非常に有名な久保田利伸さんのバンドで、DJとパーカッショニストとしても演奏しました。そのおかげで2006年には日本の35以上の都市を訪問することができました。

2017年には、MTVの番組のために再び日本を訪れました。日本は私が世界で最も好きな場所の一つであり、そして時が経つにつれて、どんどん好きになっていった場所でもあります。

暗号通貨に興味を持ったきっかけ

暗号通貨界隈に興味を持つようになったのは、2016年後半にDJを引退し、トレーディングをはじめてからです。

多くの人と同じように私もトレーディングに魅了され、神話のようなコインが月まで連れて行ってくれる、という夢に惹かれました。

私は後になって、暗号通貨のユースケースとその重要性について確信するようになりました。我々が現在目にしている様々な世界規模の問題は、その重要性をより高めていると思います。

投資のすすめ

個人的には99.9%の人は投資すべきだと考えています。投資をするときは、常に投資のことばかりを考えてはいけません。しかし年に2〜3回は、バランス調整が必要かどうかをチェックする必要があります。

マーケットというものが始まって以来、投資家は非常に裕福になりました。これが富の蓄積というものです。金持ちになるための方法は、早めにお金を貯めておくことです。もっと分かりやすく言うと、若いうちに要らないお金を貯めておいて、最後の瞬間まで手を出さないことです。

私はいつも、自分のポートフォリオの15%程度でしかトレーディングをしていません。投資資産が70%、現金が15%、そして残りの15%がトレーディングです。世界の優秀なトレーダーの中には、総資本のほんの一部でしかトレーディングをしていない人もいると思います。

ポートフォリオ全体を使って、毎日のようにトレーディングをしてはいけません。そのようなことをすれば、間違いなく資産を全て失うことになってしまいます。

人は何年もトレーディングをしていると、あらゆる経済指標、そして色々なテクニックを試してみたくなるものです。トレーダーになったばかりの頃の私のチャートは、線が多くて読み解くのが大変でした。

このように、トレードを始めたての人の多くは、過剰な分析マヒに陥ってしまがちです。多くのことを分析しすぎてしまうのです。そして多くの指標が、お互いに矛盾しあったことを示していたりするので、混乱してしまいます。

しかし経験を積むにつれて、チャートを読み解くことができるようになります。本当に大事なのは、出来高での値動き、そして単純なサポートとレジスタンスだけです。

今では、何分間かチャートを見るだけで自分の好きなラインを引いて、重要だと思うところを損切りラインとして設定することができます。そして通常、価格が自分のアラートエリアに入らない限りは、チャートを再び見ないようにしています。

Bitcoinとの出会いがもたらしてくれたこと

2012年にDJライブのお金をBitcoinで払おうとした人がいたのですが、その時にはじめてその言葉を耳にしました。Bitcoinが何なのかわからなかったため拒否しました。詐欺だと思ったのです。これが人生の中で一番の後悔かもしれません。

2017年からバブルが弾けるまでの間、私は暗号通貨の熱狂的なゲームに巻き込まれました。とても過酷なゲームであったにもかかわらず、離れられなくなってしまいました。たくさん売ってもなお、この虚しい市場でのトレードを続けようとしていました。

2017年冬、暗号通貨の下げ相場の間に、多くの人々がトレードを止めてこの市場についての研究をしはじめました。連邦政府や金融政策について知れば知るほど、Bitcoinの重要性が明確になりました。

今では、Bitcoinがハードマネー(Hard Money)であること、そして現存するものの中で最も優れた価値保存媒体であることを理解しています。この理解のおかげで、私は中央銀行と政府のあらゆる問題について、さらに研究するようになりました。

お金とは何かということ、貧富の差について、そして貧富の差がどのように金融政策よって固定化されているのか、これらの事柄について、Bitcoinは私の考えを形作り、変化させてきました。

ポッドキャスターになるまで

ポッドキャスターは、計画してなったわけではありません。これまでに私が行ってきたことは何一つとして、計画されてきたことではありません。

ただ単純に、はじめは音楽に興味を持ち、そして音楽をやめる日がきて、それから暗号通貨についてツイートをしはじめたというだけです。

私のそれまでのフォロワーの半数は、「この人は変だ、なぜデジタル、インターネットの話をしているのか」と言って離れていきました。しかしその後徐々にまたフォロワーが増えて、暗号通貨について話すのが楽しくなってきて、そしてとうとうTwitterだけでは物足りないと思うようになりました。

こうして私は無料のニュースレターを書き始め、コンテンツライターとして開花しました。頭の中をめぐる思考やアイデアを、すべて紙面に落とし込みました。ニュースレターがだんだん人気になってくると、Blockworkという会社から連絡が来ました。

Blockworkは、Anthony Pompliano氏のボッドキャストや、Charlie Shrem、Luke Martin、Meltem Demirorsなどをプロデュースしている会社です。今名前を挙げた人々は、暗号通貨の世界ではよく知られた人物たちで、暗号通貨界隈の顔ともいうべき人たちです。

物事は雪だるま式に進んでいきました。私はポッドキャストを始めて以来、ずっと楽しみ続けています。現在40代ですが、ポッドキャストのおかげで大学に戻ったような気分です。この界隈にいる非常に情熱的で知識豊富な人たちから、暗号通貨について学ぶ機会を得ているからです。

ポッドキャスト番組のコンセプト

私がポッドキャストを始めた頃、世界は大きく変わっていました。新型コロナウィルスが大流行する2〜3週間前くらいに、何本か初収録をしました。

番組のコンセプトは「暗号通貨に興味のある人なら誰でもインタビューする」というものでした。私は暗号通貨に興味を持っている人から面白い話を聞きたいと思っていました。

ところが新型コロナウィルスのパンデミックで世界情勢が深刻になったため、思っていた内容のポッドキャストが、なかなか出しづらい状況になってしまいました。

そこで、疫学者や世界のリーダー的人物を番組に招待して、現状について本格的な話をしてもらうようにしました。

しばらくすると、人々はコロナウィルスに慣れてきました。私も、世界がいかに恐ろしい状況かということを聞いて落ち込むことにうんざりしていました。

そこで当初の目的に立ち返り、暗号通貨界隈の人物を番組に招待しました。これまでのところ、Anthony PomplianoやSamson Mowをはじめとし、暗号通貨界隈の主要人物のほとんどが番組に出演しています。

そしてこれだけにとどまらず、DJなど、あらゆる分野の人に連絡をとりました。Justin Blowも番組に出演しています。彼も私もデジタルアートに興味をもっていたので、NFT(非代替性トークン)関連の話題について対談しました。

また、元ドジャースの野球選手で、現在は暗号通貨アーティストとして活躍しているMicah Johnsonさんも番組に招待しました。デフレを信じてインフレを回避するという内容のすばらしい本を執筆したJeff Boothさんも交えて、金融全般について対談しました。

このように、自分の話をしてくれる優秀な人たちとの交流は、この番組のコアコンセプトになっています。

幼少期と音楽との関わり

両親の話によると、私は赤ちゃんの頃から歌って踊っていたということです。私のお気に入りの音楽はフリートウッド・マックでした。今でも大好きです。

5歳の時にピアノを始めました。子供の頃はコンクールでクラシックを弾いていました。しかし15、6歳の頃に燃え尽きて、普通の10代の子供らしく、皆と同じようにスポーツをしたいと思っていました。

途中でサックスをはじめたり、歌も歌ってみたりして、最終的には音楽の分野においてあらゆることに少しずつ挑戦したと思いました。大学時代はパーティーでDJを経験しました。そしてその後、フィラデルフィアの中心部に引っ越しました。

音楽活動について

私は長いこと音楽制作をしてきました。制作した曲は主にピアノで演奏しています。DJとしてのライブもたくさんしてきました。カニエ・ウエストやリアーナと共演したこともあります。ほとんどの場合は、アーティストの前座として、ステージでDJ演奏をしてきました。

多くのラッパーの方たちとも仕事をしてきましたし、シェリル・クロウやクロスビー・スティルス・ナッシュといった、70年代のすばらしいバンドとも演奏してきました。私の音楽スタイルは、クラシックをベースにしたマッシュアップなので、どんなジャンルの音楽も演奏できます。

ラップ音楽から親がきくようなアコースティックまで幅広く演奏しました。色々な有名人も含め、様々な方と一緒にライブをするという大変素晴らしい仕事を経験してきました。

子育てと仕事の両立

5歳と16ヶ月の子供がいるので日々子育てに追われています。それ以外の時間は暗号通貨に没頭しています。一度興味を持ったらのめり込んでしまうタイプなのです。音楽に関してはもうあまり時間をかけていません。ピアノを弾いて楽しむぐらいです。

週2回のニュースレターと、同じく週2回のポッドキャストを配信しているので、少なくとも週2回はポッドキャストを録音しています。それから会社の顧問も何社かしているので、いつも電話がかかってきます。これらをすべてこなすのは大変なことです。残った時間はトレーディングに費やしています。

学生時代について

私はADHD(注意欠陥・多動性障害)で、優秀な方でしたがうんざりするような生徒でした。クラスではしょっちゅう問題行動を起こしました。挙手せずに答えを叫ぶような子で、大声を出したり、不愉快な態度をとったりして、常に問題児でした。

しかし成績は良く、そして幸いにも、学校が難しいと感じることはありませんでした。フィラデルフィアにあるペンシルバニア大学に進学し、ペンシルバニア大学のウォートン校というビジネススクールで、ビジネスの授業を受ける機会を得ることができました。

ところが大学時代は、授業よりもDJや人との付き合い、パーティーなどに興味を持ちました。教育は若い者には無駄、という古い言い回しは私にもぴったり当てはまりました。自分のやりたいことをするために、学業はできるだけ最低限のことだけしてのりきろうとしていました。

DJをやっていく中で、自分は社交的な人で、起業家精神を持っていることに気がつきました。このような性格だったため、決して誰か他の人のために働くような人間ではありませんでした。

私は常に、自分の道を切り開くための創作に挑戦していました。例えばDJをしていた1999年、私は大学時代の友人3人とウェブサイトを立ち上げました。街中のレストランやバーのリストを掲載した夜遊びに役立つサイトです。こういったウェブサイトの登場にしては、かなり早かったと思います。

インタビュー・編集: Lina Kamada

翻訳: Nen Nishihara

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。