PH

「視聴者の関心事は価格」人気YouTuber ラーク・デービス氏 インタビュー ②

暗号通貨界隈で人気YouTuberとして活動するラーク・デービス氏にお話を聞きました。インタビューでは、YouTubeコミュニティやインフルエンサーが暗号通貨市場に与える影響について解説していただきました。是非、ご覧ください。

ラーク・デービス

インタビュー日 : 2020年4月15日

尊敬するインフルエンサー

私は、暗号通貨系のYoutube動画をほとんど観ることがありません。自分でYoutuberをやっているので、少し変に聞こえるかもしれませんが、動画を観ない理由は、他人のコンテンツに影響を受けず、自分自身の斬新な発想を大切にしたいからです。

ただ、私が本当に尊敬していて、素晴らしいコンテンツを作り続けている人はたくさんいます。『Crypto Zombie』『The Moon』『Nugget’s News』、これら全てが間違いなく素晴らしいチャンネルです。彼らはそれぞれにユニークな情報発信の方法を持っていて、それぞれのコミュニティもあります。

Youtube以外で言うと、私はかなり伝統的な投資家タイプの方を尊敬しています。レイ・ダリオやトニー・ロビンスのような方達は、全体を把握している人達なので、強くインスピレーションを受けています。レイ・ダリオは、有名な投資家で、私は投資家としての彼を非常に尊敬していますが、彼はBitcoinに興味がありません。決してBitcoinに反対しているわけではありませんが、ただ単に興味がないようです。

一方で、Bitcoinに夢中なトニー・ロビンスのような人もいます。ゲイリー・ヴェイナチャックからも、私がチャンネルでコンテンツを作っていく上で、大きなインスピレーションを受けています。彼は、Bitcoinにも興味があるので、とても素晴らしいと思います。

全ては価格のため

暗号通貨コミュニティのYouTube視聴者は、主に市場の価格変動についての情報を得るために動画を観ているようで、その背後にある技術的な事柄には関心がありません。価格予想だけに着目している人が非常に多く、価格が上がるのか下がるのかを、皆が知りたがっています。

チャンネルの動画を視聴している多くの人々にとって、価格が最大の関心事となっています。業界のニュース、テクノロジーについての議論など、より広い話題に関心を寄せている人も多くいますが、暗号通貨コミュニティが直視すべきなのは、ほとんどの人々は価格予想のために視聴しているのであり、テクノロジーのためではないという現実です。

価格予想が目的の人達がテクノロジーの話題に入って来る場合もありますが、彼らにとってそれは金融革命のためではないのです。多くの人がBitcoinを取引するようになってきていますが、彼らがこの世界にいる本当の理由は、ボラティリティが非常に高いこの資産から利益を得るためなのです。

コミュニティとの関わり

私にとって最も重要なことは、コミュニティに価値を提供することです。その点を一番重視しています。また、どうすればユニークな考察を人々に提供できるかを常に考えています。 

『Crypto Zombie』や『The Moon』にも本当に素晴らしい価格分析の動画があり、皆さん楽しんで視聴していると思います。価格分析は、私が作っている主要なコンテンツではありませんが、Bitcoin価格に何が起こったのか、そして次に何が起こるのかということを視聴者の方は楽しみに待っています。

2017年頃を振り返ってみると、あの時のコンテンツは酷かったと思うこともあります。当時は、カメラやマイクの良い設備を持っていませんでしたが、それでも動画が多くの人の役に立っていたと願っています。

私は相場が上がっていようが下がっていようが、常にこのコミュニティに居続ける必要があると思っています。中には、下落相場の最中には姿を消し、市場が回復すると戻ってくるようなコンテンツクリエーターもいます。しかし、コミュニティ、そして私の動画を見続けてくれる人のために、動画を作り続けることが本当に重要だと思っています。状況が厳しい時であっても、皆のためにこの場所に居続けたいと考えています。

市場が下落するのを見ると、多くの人は非常に不安になってしまいます。なので、私は心理的なサポートを提供し、自分がここに居続けていることを皆に知らせたいと思っています。そして、何かが起こり、価格が下がったとしても、価値のあるコンテンツを届け続けています。

動画作成のインスピレーション

動画作成のインスピレーションは、当然ではありますが、市場で何が起こっているかということに関連した内容にしたいと思っています。視聴者に価値が提供できるコンテンツを作成するのと同時に、自分が興味を持っていてワクワクしている内容についても話をしています。

最近は、Ethereumの将来性についての動画を作り、時価総額が将来的に3兆ドルを超えるかについて、色々と考察しました。このような予想を行う動画をいくつか作るのも本当に楽しいです。このようなタイプの動画によって、何かが起こった原因について再度考え直し、自分をアップデートしていくことができます。

私のように自分でリサーチを行い、全てを整理する時間が割けない人にとっては、ある事柄に対する見方が得られるという点で良い場所となっていると思います。ニュースを通して情報を更新し、何が起きているかについて私自身の研究と考察を加えるようにしています。さらに、視聴者にとって本当に関係があるものや、価値のある内容を加えています。

取り扱う内容は、私が実際に関連性があると考えていることや、市場や技術に与える影響という観点から重要性を判断しています。

インターネットでは、あらゆる種類のニュース記事を目にするかもしれません。例えば、業務提携の話、新たに就任した人物、ある投資家がどこに投資を行ったかという話などがありますが、このようなニュースはそれほど重要ではありません。

もちろん、それは誰かにとっては重要な情報なのかもしれませんが、大部分の視聴者にとってはそれほど意味のある内容とは映らないでしょう。

動画を視聴する場合、私なら何が重要で、どのような情報が必要になるだろうかと考えます。私が観たい内容は、マクロ的な政治の分析であったり、新技術の開発、業界のリーダーや他のコンテンツクリエイターとの意見交換、そして皆さんとの双方向の議論が出来るようなコンテンツです。

私のコンテンツで他のクリエイターと差別化できる点は、マクロの政治状況、経済システムの動きなどに焦点を当てている部分だと思っています。なぜこれらの出来事や暗号通貨が重要であるかということを説明しますが、もちろん自分で楽しむことも大切にしています。

Bitcoin価格を下落させる要因

Bitcoin価格の大幅な下落を引き起こす要因となるのは、まだコロナ危機が収束していないという状況と、別のパンデミック、自然危機が発生する可能性があるという点です。現在のパンデミック危機はさらに悪化してしまう可能性があり、この危機がどこまでの影響を及ぼすのかを完全に把握できてはいません。この危機がまた著しく悪化した場合、Bitcoinの価格が大幅に下がることになるでしょう。

これは、Bitcoinが株式市場と非常に密接に連動しているためです。世界経済の景気低迷によって株式市場が下落してしまう場合、Bitcoinがそれに続いていく可能性があります。Bitcoinが他の市場から悪影響を受けてほしくはないのですが、これら2つの間には強い相関関係があることもわかっています。まだ様子見が必要ですが、再び市場が落ち込んだ場合はBitcoinも下落する可能性があります。また、それは同時にBitcoinを安価に購入できるようになるということでもあります。

ステーブルコインが引き金に

価格の下落を引き起こす恐れのあるもう1つの要因は、4月14日に国際決済銀行(BIS)から出された発表です。国際決済銀行はステーブルコインの禁止を提案しているため、Tether、USDC、その他の様々なステーブルコインが禁止されてしまう可能性があります。ステーブルコインを使用することで、銀行の仲介なしで自由に取引を行うことも可能なので、それがドルへの脅威となり、影響が非常に大きくなっています。

同様に、国際決済銀行はFacebookのLibraプロジェクトが進展していくことも望んでいませんでした。Libraも、ステーブルコインと同様に脅威とされていますが、それコントロールすることはそこまで難しくなく、マーク・ザッカーバーグ氏を公聴会に呼び出し、止めなさいと命じることが可能となっています。

しかし、MakerDAOのDAIのようなステーブルコインは非常に分散化されているので、それを止めるのは本当に難しくなっています。そのようなステーブルコインを止めるには、暗号通貨取引所での取引を禁止することが、非常に効果的な方法となるかもしれません。

ステーブルコインが禁止されると、その運営者が逮捕され、銀行口座が凍結される可能性もあります。ステーブルコインのこのようなリスクはかなり微妙で、それが起こるかどうかもまだ確かではありません。

現時点では、世界最大の経済国から出された提案に過ぎず、最終的な方針は違ったものになる可能性もありますが、提案自体は実際に出されているのです。

仮に、ステーブルコインが禁止される場合は、暗号通貨の価格は大幅に下がる可能性があります。現在、ステーブルコインは、暗号通貨の1日のボリュームの約半分を占めているため、このような事態が発生すると、取引量が大幅に減少することが予想されます。彼らがステーブルコインを禁止しないことを望んでいます。

    

インタビュー・編集: Lina Kamada

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。