PH

「サイドチェーンとは?」「何ができるようになる?」Blockstreamのアレン・ピシテッロ氏にインタビュー ①

世界的に有名なブロックチェーンの開発企業「Blockstream:ブロックストリーム」に、インタビューさせていただきました。サイドチェーンやBlockstreamが提供しているLiquidネットワークについて聞きました。是非、ご覧ください。

アレン・ピシテッロ (ブロックストリーム:プロダクトマネジメント副代表)  

インタビュー日 : 2020年1月17日  

Bitcoin、Blockstreamとの出会い

私とビットコインの出会いは2011年でした。当時、ポーカープレイヤーだったことがきっかけで、ポーカーのサイトでビットコインを知りました。その時、アメリカにいて問題だったのは、ポーカーをするためにそのサイトにお金を送ることが困難であるということでした。多くの銀行からの送金手段が絶たれる中で、ビットコインというデジタル通貨があるということを耳にしました。当時、そのコインが0.75セントで売られていたことに大きな衝撃を感じたので、リサーチを開始し、たくさんの記事も読み始めました。

Allen Piscitello

その後に日本で起こったのが、あの有名なマウントゴックス事件でした。仮想通貨取引ができたのは、ほぼその場所だけでしたが、大きな危機が起こり、市場全体が崩壊していきました。その取引所は日本にいる1人の人によって運営されていると知り、とんでもない事だと感じました。私はその時点で、全てを売却し、仮想通貨をやめることにしましたが、その後、予測市場に強い興味を持ち、もう一度戻ってきました。

この世界に戻って来てからも、ネットワークで分裂の不安などがあったため、もう一度全ての通貨を売ってしまいましたが、まだ関わり続けてはいました。マイナーが中央集権化していることなども不安に思っていました。ビットコインについては多くの記事を書くことができ、Blockstreamの色々な方に会うことができました。最終的には、プロダクトマネージャーとして、この会社に加わることができました。

サイドチェーンとは?

サイドチェーンを語るときに、私が好んで使う説明は「デジタル通貨を、一つのネットワークから別のネットワークへと移動させたり、戻したりするための手段」というものです。1つのブロックチェーン(メインチェーン)だけでは持てないような、色々な資産や特性を、サイドチェーンでは持つことができるようになります。Blockstreamという会社は、サイドチェーンという概念を基にして、5、6年前に設立されました。ビットコインの上でも、おもしろいものを色々作ることはできますが、ビットコイン自体はゆっくりと一定のペースでしか動きません。    

サイドチェーンは、より実験的な機能を、別のブランチでテストすることができ、それを利用することを選択した人だけが対象となります。ですので、万が一、サイドチェーンに問題があったとしても、メインチェーンへの危険性はありません。現在は、トレードとアセットを重視した「Liquid Network」や、ビットコインをネイティブコインとして利用でき、イーサリアムが持つような機能を実現させる「Rootstock」などがあります。つまり、サイドチェーンにはメインチェーンでは実現できない違った特徴や、ルールを設定することができます。

Liquidの一つの特徴としては、「フェデレーテッド(連合)ブロックシステム:Federated Block System」というものがあり、そこでブロックを生成し、承認するグループがあります。ビットコインでのマイニングは、ネットワークを安全に保つ良い方法ですが、非常に不安定であり、 ロックベース(Lock-based)です。ブロックが見つかるまでの時間に変動があり、10秒で見つかることもありますが、3時間かかってしまうこともあります。トレードで使用するのであれば、これは非常に不便です。お金を別の取引所に移したが、1分か3時間かかるのかわからない状況というのは良くないので、Liquidでは毎分ごとにブロック承認が行われ、安定性が保たれます。しかし、トレードオフも存在します。全てが非中央集権型のマイナーによって行われるマイニングとは違い、Liquidは連合のグループによって承認が行われます。トレードをするため、または既にお金を取引所から出してしまっている場合には、このトレードオフはそこまで大きな問題ではありません。

Liquidのサイドチェーンで得られる秘匿性とは?

Liquidのトランザクション自体はビットコインと似ていますが、いくつが違いがあります。主に2つの違いによって資産の取引が可能となります。一般的なユースケースとしては、ステーブルコインとセキュリティートークンがあります。ビットコインを送金できるだけでなく、スマートコントラクトを生成することなく他の種類のアセットも送金することができます。

Liquidのもう一つの特性は、コンフィデンシャル(秘匿)トランザクションです。これは、トランザクションの金額とアセットタイプを、公から隠す方法です。例えば、ブロックエクスプローラーについて言えば、Blockstream.InfoというものがLiquidにはあります。ビットコインのネットワークを見ると、自分が送ったBitcoinの数量だけでなく、いくらの送金手数料だったかも見ることができます。そのような状況で、ビットコインを多く送金してしまうと、自分に関する多くの情報が明らかになってしまう可能性があります。その情報が流出した場合、非常に大きな潜在的危険にもなりえます。また、お金を取引所に移動する場合、自分でトレードするチャンスを得る前に、お金がその取引所に移動しているのを、皆が見ることができてしまいます。その場合には先を越されてしまいます。

それに比べて、Liquidは、送金人と送金先を知る必要がある人々、または送受金者が情報共有を許可した第三者機関以外には、全ての情報を隠すことが可能です。したがって、サイドチェーンでは、メインチェーンよりも匿名性が高くなり、全ての個人情報を保護することができるのです。しかし、それと同時に、皆が、何もない場所からお金が増発されていないかどうかを検証することも可能です。金額を明らかにすることなく、本当のお金を送っているということをわかってもらうことができます。

プライバシーについてどう考える?

Blockstreamは、プライバシーのバランスを保とうとしてると思います。我々は、トランザクションが検証可能である事と同時に、コンフィデンシャル(秘匿)であることも望んでいます。全ての情報を隠してしまうのではなく、その情報を誰と共有するかを、人々が自ら選択できる事こそがプライバシーであると考えています。情報を必要としている人々、規制当局や監査員などには、もちろん共有することが必要ですが、競合他社や害悪を及ぼすような人々には、絶対に情報を公開したくないはずです。金融機関にとっては、ユーザーの情報をしっかり保護することは非常に重要なことなので、我々のシステムでも重視しています。

     

インタビュー・編集: Lina Kamada

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、仮想通貨取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。