「新しいお金との出会い」CoinGecko共同創設者のボビー・オン氏 インタビュー ①

暗号通貨のデータを収集し、様々な角度から市場分析を行っているCoinGecko(コインゲッコー)共同創設者のボビー・オンにインタビューさせていただきました。CoinGeckoでの取り組みや、ビットコインとの出会いなどについてお話しをいただきました。是非、ご覧ください。

ボビー・オン(コインゲッコー:共同創設者)

インタビュー日 : 2020年2月25日

CoinGeckoとは

私は、CoinGecko共同設立者のボビー・オン(Bobby Ong)と申します。 CoinGeckoは暗号通貨のデータアグリゲーター(データ収集サイト)です。 400を超える外国の取引所から6500以上のトークンをカバーしており、世界最大の暗号通貨データ​​アグリゲーターの1つとなっています。価格、時価総額、取引量に加えて、全コインのソーシャルメディア、開発の統計データも追加しています。また、暗号通貨デリバティブについてのページもあり、20つのデリバティブ取引所から250ペアを既にカバーしています。

四半期ごとにレポートを作成し、暗号通貨市場に関する分析を共有しています。最新のレポートは、約70〜80ページ程度です。無料で提供している暗号通貨APIもあり、Metamask、Etherscan、Mycrypto、MyEtherWalletなどのトップレベルの暗号通貨企業でも使用されています。また、暗号通貨取引所の実質の取引量を算出しており、多くの取引所でのオーダーブックの取引量データやSimilarwebのトラフィック推定値などのデータも追加しています。私達は、これをトラストスコア(信用スコア)と呼んでいます。

私達には研究チームがあり、互いに連携をとっています。暗号通貨の業界に関するデータを収集し、市場の動きについて発見したことを基にプレゼンテーションを行います。価格、時価総額などの様々な情報源から取得したデータをチャートで視覚化し、皆さんが理解しやすいように作成しています。前回の四半期レポートでは、Defi(分散型金融)と暗号通貨デリバティブのセクションも設けました。宇宙でのプロジェクトからデリバティブまで、私達のチームで暗号通貨に関連があると考えたプロジェクトなどを載せています。

新しいお金との出会い

私は、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで経済学の学位を取得して卒業しました。大学の最後の年に、コードの書き方を勉強していて、Webサイトのプログラミングにかなりの時間を費やしていました。その後に暗号通貨について話している人達のグループと出会い、彼らはそれを「インターネットの新しいお金」と呼んでいました。私は、世界でもトップクラスのイギリスの大学で、お金について3年間学んできたので、非常に興味を持ちましたが、教授達はビットコインについて全く言及しませんでした。「なぜ技術オタク達がお金の新しい形について話しているのに、大学ではそれを学ばなかったのか」と感じ、ビットコインについての文章を読み始めました。

Bobby Ong

そして、ビットコインについて読み続けていくと、実際にかなり大きな可能性があり、ロジックがしっかりしていると感じました。2013年に最初のビットコインを買うことを決め、P2Pのマーケットプレイスで手に入れたことを覚えています。ビットコインが取引所から自分がコントロールできるウォレットに出てくるのを見たとき、ビットコインの可能性を強く感じました。鍵を自分自身でコントロールできるので、許可しない限りは他の誰もお金を凍結したり、受け取ったりすることができません。初めて自分の銀行が持てたという感覚で、従来の金融システムと比べると大きな利点でした。また、コインの数量が2,100万と有限であることも気に入っています。当時の大規模な量的緩和に対しては、持続可能だと思えなかったので、ビットコインについて読めば読むほど、将来的に非常に強力な可能性を秘めていると確信できました。

2017年の大暴落は予想されていた

私はビットコインがマネーロンダリングでの使用に向いているとは思っていません。また、2017年を全体的で見ても、その年にマネーロンダリングが増えたとも思いませんでした。暗号通貨でマネーロンダリングが行われた場合のため、それに対処するオンチェーン分析が数多くあります。実際に警察はそれを積極的に活用しているので、FBIもマネーロンダリングの罪を犯した人を多く捕まえています。ただ、このような状況と2017年の暗号通貨の価格暴落の間には、あまり関連性ないと考えています。当時、ビットコインは1000米ドルぐらいで取引されていて、その年の終わりに20,000米ドルまで上昇しました。これは明らかに持続的な動きではなく、2018年に起こった急速な価格上昇とその後の2019年に下落が続いたことは、予想されていた市場の調整でした。価格が急速に上昇したとき、それがずっと続くことはないのです。

ただ、ビットコイン市場の流動性はあまり高くないと考えられており、市場操作が行われる可能性もあります。日本やマレーシアでは、市場を監視する規制があります。もしも、あなたがクジラ(大口のコイン保有者)であれば、恐らくある国の規制によって捕まるか、後で起訴される危険があるので、市場を操作することはないでしょう。市場操作が行われる可能性があるのは、現時点でまだ規制が導入されていない国だけかもしれません。私が暗号通貨の市場に入ってきた次の年である2014年には価格は1000ドル程度でピークに達し、2015年には300ドルに落ち込み、価格が大幅に下落してしまいました。これと同じパターンで、2018年の大幅な価格の下落は、予想されていた動きで、全く驚くことはありませんでした。

インタビュー・編集: Lina Kamada

次回『CoinGecko共同創設者のボビー・オン氏 インタビュー ②』では、マレーシアでの暗号通貨の動向や、キャッシュレス社会に対する考えなどについてお話ししていただきます。

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、仮想通貨取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。