PH

「コンセンシスとイーサリアムの関係」フィリップ・マトブ氏 インタビュー①

イーサリアムに特化したソフトウェア開発・投資を行うコンセンシス(ConsenSys)のフィリップ・マトブ氏に、企業の取り組みやブロックチェーンとの出会いについてお話をいただきました。

フィリップ・マトブ(コンセンシス:ベンチャーアーキテクト)

インタビュー日 : 2020年3月26日

コンセンシスとイーサリアムの関係

コンセンシスは、2014年のイーサリアム誕生からわずか数か月後にジョセフ・ルービンによって設立され、企業や政府機関向けに開発を行う世界最大のブロックチェーン特化型テクノロジー企業です。イーサリアムは、イーサリアム財団によって管理されていますが、イーサリアム共同創設者の1人であるジョセフ・ルービンは、イーサリアムのツールとエコシステムの発展をミッションとしてコンセンシスを立ち上げました。イーサリアムのプロトコルは財団によって管理され、エコシステムの構築をサポートするインフラとツールを開発、管理している営利組織がコンセンシスです。

現在、約700名以上の専門家、起業家、コンピュータサイエンティスト、デザイナー等がおり、米国からアジア、ヨーロッパからアフリカ、オーストラリアまでと、世界中の様々な場所にいます。私達は、大きな可能性を秘めた新ビジネスに投資を行うベンチャー・プロダクション・スタジオとしてスタートし、それらのビジネスをある程度の段階まで成長させるサポートを行なってきました。インフラ構築によってできた様々な組織とのコネクションを生かして、大企業や政府機関で技術の活用を手助けしています。また、必要としている企業に資金提供、インフラ提供も行なっています。現在、多くの企業において最も広く使用されているブロックチェーンソリューションの基盤をとなっています。

当社の中心的なプロダクトにInfura、PegaSys、Codefi、Alethioなどのインフラソリューションがあります。また、投資先企業には、Kaleido Trustology、Metamask、uPort、Rhombusなどがあります。製品とインフラ構築に対してお金を投資すること以外にも、開発者、起業家、企業マネージャーに対して、イーサリアムとブロックチェーンについて数多くの研修を行なってきました。人々を教育し、企業に資本を投入することから始め、非常に大規模なプロジェクトに携わってきました。

フィリピンでのイーサリアム活用

私達が投資しているプロジェクトの中に、フィリピンで最も大きな銀行の1つであるユニオンバンクがあります。あまり多くの人には知られていないですが、フィリピンでは人口の約3分の2人の人々が銀行口座を持っていません。500を超える地方銀行はあるものの、実際に中央の銀行システムにアクセスすることはできません。また、WEBのネット銀行にもアクセスが不可となっています。少し前は、ある島から別の島にお金を移すことが非常に困難でした。そこで、私達はフィリピンに向かい、ユニオンバンクと中央銀行に協力することになりました。これらの銀行から合意が得られ、私達はイーサリアムを決済のレイヤーとして導入しました。そのため、現在は、イーサリアムを利用して取引を行う地方銀行が毎日100以上もあります。

ブロックチェーンとの出会い

私の出身はブルガリアで、パリで4年間数学を学びました。パリで大学の課程を終えた後は、香港で1年間勉強し修士号を取得しました。直ぐには仕事を始めたくなかったので、パリでも1年間過ごし、もう1つの修士号を取りました。最初の仕事は東京で、3年間日本で働いていました。当時は、日本語を教えてくれる先生もいましたが、主な仕事内容は東京のBNPパリバ・カーディフでデジタルトランスフォーメーションをサポートすることでした。まだ、日本語の会話はできるかもしれないですが、ビジネス日本語は話せません。私が完全に日本が大好きになった2016年は、ブロックチェーンについて知った年でもありました。

  

Philip Matov

私がこの技術について知ったのは、ブロックチェーンの教室でコバヤシ・サトシさんという先生に出会ったのがきっかけで、それはとても不思議な体験でした。
彼は、スマートコントラクトジャパンの創設者であり、日本最初のブロックチェーン・エバンジェリストの1人でした。2016年から17年にかけて日本で最初のブロックチェーンカンファレンスを開催し、東京でのプレゼンテーションにコンセンシスを招待していました。それは多くの投資銀行、投資会社が集まる大きなイベントで、そのカンファレンスでブロックチェーンについて学びました。彼らの話は非常に印象的で、色々な方法でブロックチェーンの概念やアイデアを語っていました。電力の管理から決済、デジタル資産まで、あらゆる話題が含まれていました。完全に心を動かされた私は、不思議な世界へと足を踏み入れることにしました。

その時から、ブロックチェーンについて学び始め、この新しい発明が従来型の方法や考え方とは違うことを早い段階から理解できました。ブロックチェーンとは、問題を解決し、物事と働きを整理するための方法なのです。BNBパリバにいた時に、どのように今の仕事にブロックチェーンが活用できるのかということを考え始めました。当時はブロックチェーンでできることがあまりありませんでしたが、それでも技術に対しては興味を持ち続けていました。

その後、自分でブロックチェーンのコンサルティング会社を立ち上げるために数年間ブルガリアに戻りました。その地域の多くの大企業と協力して、彼らの仕事でブロックチェーンがどのような価値を生み出せるか話し合いました。しかし、南東ヨーロッパには、十分に大きな市場がなく、かなりの限界がありました。自分がブロックチェーンの最前線にいないような気がしていました。

初めてブロックチェーンについて知った時からコンセンシスには注目しており、共同創設者であるジョセフ・ルービンに大きく感銘を受けていました。この会社のビジョンを日本で聞いたことが、最初にブロックチェーンの概念を知るきっかけだったので、コンセンシスが目標を達成できるようにサポートする使命感のようなものを感じていました。なので、コンセンシスに参加できて、大変嬉しく感じました。現在、私がコンセンシスのロンドンオフィスに来て1年以上になります。事業展開、特にデジタル資産の戦略に焦点を合わせたビジネス開発のサポートが私の役割となっています。非常に新しい産業なので、実際に活用可能な製品や市場を見つけるのには大きな努力が必要でした。

インタビュー・編集: Lina Kamada

     

【免責事項】

本ウェブサイトに掲載される記事は、情報提供を目的としたものであり、仮想通貨取引の勧誘を目的としたものではありません。また、本記事は執筆者の個人的見解であり、BTCボックス株式会社の公式見解を示すものではございません。